Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMC Data Domainの信頼性と効率性を実現するアーキテクチャ

edited by DB Online   2017/10/31 06:00

 データベース運用で忘れてはならないのがバックアップだ。デジタルデータは消失してしまえば元に戻らない。些細な操作ミスから災害対策まで、何か起きた時にバックアップがあれば危機を乗り切ることができる。確実かつ高速にバックアップできる技術がData Domainには盛り込まれている。

 Title:データベースのデータ保護~Dell EMC Data Base Master Class
 Speaker:Prem (Trichy) Premkumar(Principal Systems Engineer, Dell EMC)

 いまアプリケーションのバックアップは誰が、どのくらいの手間をかけてやっているだろうか。2016年に発表されたガートナーの予測によると、2018年までにビジネスやアプリケーションオーナーの70%がより自分自身で制御できるデータ保護サービスを使えるようになるという。バックアップはよりセルフサービス的なタスクになるということだが、それには手軽に扱えることのほか、信頼性や効率性も不可欠だ。

 現状のバックアップの実情としてDell EMCのPremkumar氏は「管理者はバックアップのデータを(バックアップ専用のサーバーではなく)ローカルなどに保存することがあります」と指摘する。作業が確実にできているか、きちんとリストアできるデータであるか心配というのが背景にある。つまり、バックアップツールの利便性、履歴の可視性、効率性などに課題がありそうだ。

 Premkumar氏は「Dell EMCのData Domain(以下、DD)なら、きちんと作業履歴が確認できて、高い効率性があります」と胸を張る。DDの大きな特徴として信頼性と効率性の高さがある。高い信頼性を持ち、確実にバックアップとリカバリーができるほか、効率性も高い。これは重複排除の効率が高いのと、サーバーリソースの使い方も効率がいいため。拡張性や性能を高めることにも寄与している。そしてデータベースやアプリケーションが持つネイティブのバックアップツールとシームレスに統合できているため、作業的な効率も高くなる。

 実際に実績も業界随一だ。2017年にIDCが発表したバックアップアプライアンスの世界シェアでもDell EMCは市場の半分以上のシェアを占めている、という。

 またDDでは小規模から大規模まで幅広く対応しており、支持される理由の一つと言えそうだ。エントリーモデルのDD2200はコンパクトな2Uで最大860TBの論理容量があり、大規模向けアプライアンスのDD9800ではクラウドストレージとの連携により最大150PBの論理容量まで拡張できる。ほかにもハードウェアではなく仮想版(ソフトウェアタイプ)もある。

スケールとパフォーマンス
スケールとパフォーマンス

著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:デジタル時代に勝つためのデータベースの変革とは~#Get Modern DBA Days
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5