EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウド時代到来に向け、大規模・複雑化する企業システムの効率的な運用管理を支援するJP1 Version 9

  2009/10/09 07:00

景気の低迷が続く中、企業のIT投資は大幅な削減傾向にある。その一方で、運用コスト削減や効率向上につながる戦略投資として、クラウドコンピューティングへの関心が高まると共に、仮想化などの新しい技術の導入が注目されている。
しかし、新たなITの潮流は、企業システムが多様化・大規模化するとともに、運用管理業務はますます複雑化をもたらす。これからの運用管理では、複雑化するシステムでの柔軟な運用と大規模化するシステムに左右されないスマートな運用が求められる。それを可能にするツールがJP1 Version 9である。

仮想化やクラウド対応が求められる今後の運用管理

 昨年秋からの景気低迷により、企業のIT 投資は大幅な抑制傾向にある。その一方で運用管理製品については積極的に投資している企業も多いという。そこには運用管理製品の導入によって、IT をより効率的に活用したいという企業の考えがあるからだ。

 効率的な運用が求められる背景にあるのは、IT 投資抑制だけではない。クラウド時代を見据え仮想化技術などの新しい技術の導入も理由の1つである。クラウドが普及すると、ITは所有するものから、必要なときに必要な分だけ利用するIT へと変化する。このように、システムの利用形態はサービス利用を含めて多様化の時代へと変化している。

 クラウド化と同時に進められているのが、仮想化技術によるサーバー集約だ。サーバーが集約されると物理サーバーそのものの台数は減るが、1 台の物理サーバー上に複数の仮想マシンが構成され、管理は大規模化・複雑化する。そのため、企業では、これまで以上に負荷や優先度に応じたリソースの再配分、徹底したリソースの有効活用ができるような仕組みが必要になる。そのためにも仮想化に対応する、複雑で高度な運用業務を効率化できるツールが求められている。

 日立の統合システム運用管理「JP1」は、1994年にUNIXのジョブ管理ツールとして誕生して以来、常に顧客のニーズを先取りする形で進化してきた。2009年6月に販売開始された最新バージョンJP1Version 9(以下、JP1 V9)では、Flexible & Smart な運用をコンセプトに、ITリソースの柔軟な活用や運用業務の効率化の要件に応える機能が搭載されている。

現状のシステムに手を加えることなく監視

 企業システムを集約化し効率的なリソース活用をするには、システムの現状を把握したうえでITリソース計画を建てることが重要だ。しかし運用担当者の多くは、稼働状況把握のためにツールを導入することについて「正常稼働している現行システムに手を加えたくない」「全サーバーに監視ツールを導入すると手間とコストがかかる」という問題意識を持っている。JP1 V9 では、このような課題を解決するツールとして、エージェントレス監視の機能をサポート。これにより、稼働中のシステムに手を加えることなく現状を把握できるのはもちろん、サーバーの増設や仮想マシンを追加した場合でも、すぐに稼働監視が可能。動的に変化するシステムでも監視が継続できるというわけだ。大幅なコスト削減も可能になる(図1)。

図1:サーバー増設や仮想マシン追加でも継続監視

・JP1/PFM - RM : JP1/Performance Management - Remote Monitor
・JP1/PFM - Agent for VM : JP1/Performance Management - Agent Option for Virtual Machine

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 鎌田 義弘()

    株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部 販売推進本部 JP1 販売推進センタ センタ長  

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5