Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第10回 JP1はいかにして情報漏えいを防止するか

  2010/07/21 00:00

ビジネスを行う上では、社内の情報を外部に持ち出す場面に必ず遭遇するが、情報漏えいという観点からは危険を伴う。今回は、ビジネスとセキュリティを両立させるための手段として「持ち出し制御」や「ログ管理」を学ぼう。

情報漏えいの経路はさまざま

 「個人情報が●万件漏えいした」というニュースは後を絶たない。悪意を持って計画的に情報を社外に持ち出した場合もあれば、顧客との打ち合わせの帰りに鞄ごと書類を無くしてしまったケースもあるだろう。

 情報漏えいのルートとして最も多いのは意外にも紙媒体による流出。同じデータでも、電子ファイルの扱いには慎重になるにも関わらず、印刷物に対してはついつい警戒心が薄れてしまうような心理があるのかもしれない。

 ただし、事故件数では紙媒体を下回るものの、一度に流出するデータ量では圧倒的に電子媒体の方が大きい。USBメモリやCDといったメディアは小型ながらも膨大な量のデータを記録できるため、情報漏えいという観点からはとても危険な代物である。

滅多に発生しないが被害は大きい電子媒体の情報漏えい
滅多に発生しないが被害は大きい電子媒体の情報漏えい

 かならずしも悪意を持っているケースばかりではないだろう。「家で企画書を作りたい」「手間の掛かる作業を自分のパソコンでやってしまいたい」といった動機から持ち出したものの、「どこかで無くした・・・」と顔面蒼白になるケースも少なくないと予想される。

 では、どのように対策するべきだろうか。具体的には次のようなセキュリティ上の取り組みが考えられる。

情報漏えいの具体的な対策
情報漏えいの具体的な対策

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:資格試験で学ぶシステム運用管理者入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5