SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

OKI、事務集中センターの運営効率を改善する統合運営管理ソリューション「Opt-AI」を販売開始

 この製品は、事務集中センター向けソリューションベンダーとして培ったノウハウを活用したもので、人工知能(AI)・アナリティクス技術を用いて、事務集中センターで蓄積された各業務システムの実績データやオペレーターのスキルデータを自動で解析する。業務の進捗状況やオペレーター配置状況の「見える化」を実現し、さらにオペレーターの配置を事務集中センター全体で「最適化」することで、約30%の運営効率化を実現するとしている。

 「Opt-AI」は、各種業務の取扱データ量、オペレーターの業務スキルなどの過去に蓄積した実績データや、各種業務フロー、オペレーターの出勤予定、業務毎の時限性情報などの運用ルールデータをAI・アナリティクス技術により自動で解析する。これにより、日毎のオペレーター過不足の算定とそれに伴う複雑な配置表(スケジュール表)作成が自動で行われ、運用管理者の負担を軽減するという。

 また、オペレーターの過不足状況を見える化し、出勤日の再調整後の配置表の再作成も自動で行う。これにより、手空き時間の少ない事務集中センター運営が可能となり、約30%という大幅な運営効率の向上が実現できるという。

 この製品は、突発的な例外事象が発生した場合にも対応している。特別な事由により業務量が変化した場合は、リアルタイムに対象業務に必要な応援オペレーター数を算定し、自動選定した応援候補オペレーターの再配置を行うことで効果的な応援対処が可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10036 2017/11/06 13:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング