SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dell EMC、「SQL Server 2017」に必要な構成要素をすべて揃えた検証済みソリューションを発表

 「Ready Solution for Microsoft SQL Server」は、「Microsoft SQL Server 2017」データベースシステムに必要な構成要素をすべてそろえた事前検証済みのソリューションになる。

 このソリューションは、Microsoftが規定するMicrosoft Windows Server Software-Defined(WSSD)に完全準拠した「Dell EMC Storage Spaces Direct(S2D)Ready Node」を用いたハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)で実装しており、「Microsoft Hyper-V」のサーバー仮想化、「S2D」のストレージ仮想化、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバーというインフラ構成になっている。

 「Ready Solution for Microsoft SQL Server」により、サポート終了が予定されている「Microsoft SQL Server 2008」および「Microsoft Windows Server 2008」の環境から移行が可能になる。オンプレミスシステムのメリットであるシステムの柔軟性、セキュリティの確保、また、従来のストレージアレイの必要性を排除し、運用中のデータベースワークロードに必要なパフォーマンスとスケーラビリティを確保しつつ、大幅にコストを削減するとしている。

 「Ready Solution for Microsoft SQL Server」は、拡張性とデータ保護で将来への投資も保護する。最大16ノードまでの拡張性を備え、拡張した際も直線的にパフォーマンスが向上するという。また、「Dell EMC Data Domain DD6300」アプライアンスと統合することで、重要なデータベースを保護し、データベースを迅速にバックアップおよびリストアできる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11262 2018/10/09 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング