SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、Oracle Exadataの国内提供を開始

 Oracle Exadataは、データベースサーバーとストレージの間のデータ転送を削減する機能を備え、データ量が増加してもネットワーク転送が性能上のボトルネックとならないアーキテクチャーにより、データウェアハウスやバッチ処理における大量のデータを扱う検索処理性能を高速化する製品ファミリー。HP Oracle Database MachineとHP Oracle Exadata Storage Serverで構成される。

 HP Oracle Database Machineは、計64基のIntelプロセッサコアを搭載した8台のOracle Enterprise Linuxが稼働するデータベースサーバーと、データベースとストレージの間に14GB/秒のデータ帯域を備えた最大168TBのストレージ容量を持つ14台のOracle Exadata Storage Serverで構成される。Oracle Databaseを使用したシステムでは、既存のアプリケーションの変更無しでこれを実現できる。ハードウェア部分についてはHPの協力を受け、データベース性能を最適化するハードウェア構成で、事前に設定が行われて提供される。

 HP Oracle Exadata Storage Serverは、2基のIntelプロセッサが搭載され、最大で12TBの総容量のストレージ、1台のストレージサーバーあたり1GB/秒のデータ帯域を保持するInfiniBand接続部品で構成される。超並列アーキテクチャーを採用し、検索処理のデータ処理が集中する部分を、データベースサーバーから、よりデータに近いストレージサーバー側で処理することによって、データウェアハウス検索や大量データを扱うバッチ処理の速度を劇的に向上させるという。

 HP Oracle Exadata Storage Serveは、HP Oracle Database Machineの構成要素となるストレージサーバーだが、ストレージのみ単独で購入することもできる。

記者発表会の様子
記者発表会

写真左:日本ヒューレット・パッカード 代表取締役 社長執行役員 小出伸一氏
写真右:日本オラクル 代表取執行役社長 最高経営責任者 遠藤隆雄氏

【価格】

  • HP Oracle Database Machine 74,184,810円(税込み)
  • HP Oracle Exadata Storage Server 2,739,135円(税込み)
  • Oracle Exadata Storage Serve 1Disk Driveあたり 1,141,350円(税込み)

【関連リンク】
日本オラクル
Oracle Exadata Summit

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1166 2009/01/21 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング