EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、Oracle Exadataの国内提供を開始

  2009/01/21 12:00

日本オラクル株式会社は、データウェアハウス システム「HP Oracle Database Machine」と、データ検索性能を高速化するストレージ「HP Oracle Exadata Storage Server」で構成する製品ファミリー「Oracle Exadata」を、国内で販売開始することを発表した。
 

 Oracle Exadataは、データベースサーバーとストレージの間のデータ転送を削減する機能を備え、データ量が増加してもネットワーク転送が性能上のボトルネックとならないアーキテクチャーにより、データウェアハウスやバッチ処理における大量のデータを扱う検索処理性能を高速化する製品ファミリー。HP Oracle Database MachineとHP Oracle Exadata Storage Serverで構成される。

 HP Oracle Database Machineは、計64基のIntelプロセッサコアを搭載した8台のOracle Enterprise Linuxが稼働するデータベースサーバーと、データベースとストレージの間に14GB/秒のデータ帯域を備えた最大168TBのストレージ容量を持つ14台のOracle Exadata Storage Serverで構成される。Oracle Databaseを使用したシステムでは、既存のアプリケーションの変更無しでこれを実現できる。ハードウェア部分についてはHPの協力を受け、データベース性能を最適化するハードウェア構成で、事前に設定が行われて提供される。

 HP Oracle Exadata Storage Serverは、2基のIntelプロセッサが搭載され、最大で12TBの総容量のストレージ、1台のストレージサーバーあたり1GB/秒のデータ帯域を保持するInfiniBand接続部品で構成される。超並列アーキテクチャーを採用し、検索処理のデータ処理が集中する部分を、データベースサーバーから、よりデータに近いストレージサーバー側で処理することによって、データウェアハウス検索や大量データを扱うバッチ処理の速度を劇的に向上させるという。

 HP Oracle Exadata Storage Serveは、HP Oracle Database Machineの構成要素となるストレージサーバーだが、ストレージのみ単独で購入することもできる。

記者発表会の様子
記者発表会

写真左:日本ヒューレット・パッカード 代表取締役 社長執行役員 小出伸一氏
写真右:日本オラクル 代表取執行役社長 最高経営責任者 遠藤隆雄氏

【価格】

  • HP Oracle Database Machine 74,184,810円(税込み)
  • HP Oracle Exadata Storage Server 2,739,135円(税込み)
  • Oracle Exadata Storage Serve 1Disk Driveあたり 1,141,350円(税込み)

【関連リンク】
日本オラクル
Oracle Exadata Summit

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5