EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AWSとKDDI、日本初となるAWS Wavelengthの提供を開始

  2020/12/16 19:35

 Amazon Web Services(以下、AWS)は12月16日、KDDIの5Gネットワーク上でモバイル端末やエンドユーザー向けに超低遅延アプリケーションの構築を可能にする、AWS Wavelengthの一般提供を東京で開始した。

 AWS Wavelengthは、AWSサービスを5Gネットワークのエッジに置くことで、モバイル端末からアプリケーションへ接続する際に発生する遅延を最小限に抑えるものだという。

 開発者は、AWSWavelengthを使用することで、アプリケーションをAWS Wavelength Zone(5Gネットワークのエッジにある、通信事業者のデータセンター内にAWSのコンピューティングサービスとストレージサービスを組み込んだAWSのインフラストラクチャ環境)に展開できる。

 これによりアプリケーションは、端末から基地局、そしてメトロアグリゲーション拠点で実行されるAWS Wavelength Zoneまで通信すればよいという。

 従来のモバイルネットワークアーキテクチャを利用したクラウドへのアクセスでは、アグリゲーション拠点間やインターネットを横断する間の複数のホップで遅延が発生していたが、AWS Wavelength Zoneはこうした状況を解消し5Gネットワークの利点をフル活用できるとしている。

 さらに、AWS Wavelengthでは世界各国の5Gネットワークで一貫した利用体験を実現しており、開発者は馴染みのあるAWSサービス、API、ツールを使用し、次世代の超低遅延アプリケーションを構築することができる。この共通の開発者エクスペリエンスによって、複数の通信事業者にまたがった展開を容易にするという。

 KDDIとの協力により、12月16日より東京で日本初となるAWS Wavelength Zoneの提供を開始し、今後、その他の都市でも展開していくとしている。

【関連記事】
Qlik、AWSとのパートナーシップを強化 AWS Marketplaceで製品提供へ
AWS、Amazon Auroraの新バージョンを発表 SQL Serverからの移行を支援
「Veeam Backup for AWS」最新バージョンの提供開始を発表
KDDIと東京大学、ポスト5G時代の課題研究が経済産業省・NEDOに採択
KDDI、「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」を設立 DXビジネス・パートナー拡大を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5