EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAS、Boemskaを買収しSAS Viya機能強化へ

  2021/01/21 17:14

 SAS Institute(以下、SAS)は、ローコード/ノーコードアプリケーションの展開とSASの分析ワークロード管理を手がける株式非公開テクノロジー企業であるBoemskaの買収を発表した。

 セルビアに研究開発センターを有する英国の小規模企業であるBoemskaのアセットとオペレーションはSASに統合される。BoemskaはSASのテクノロジーパートナーとして実績を積み重ねてきており、金融サービスやヘルスケア、旅行業界におけるSASの顧客を始め、グローバルな企業を顧客としているという。

SAS Viyaに統合される主なBoemska製品

  • 次世代クラウドネイティブ機能:これにより、不正行為の予測、医療事象に関わる意思決定、不良品の検出など、特定のタスクを実行するためのモデルの開発や実行、意思決定がローコードやノーコードのテクノロジーを用いて行えるようになる
  • エンタープライズのワークロード管理ツール:Microsoft Azureなど、クラウド上の分析ワークロードを適切なサイズに保ち、常に最適化しながら、コスト効率の高い方法でアナリティクスをスケールアウトしてクラウドへの移行を容易にする

 また、SASのテクノロジーに搭載された機械学習や高度なアナリティクスが以下をサポートできるようになる。

  • 差し迫った医療事象についてウェアラブル機器からアラートを送信
  • 工場に搭載したカメラで不良品を検出し、無駄を削減
  • ドローン機器による分散アセット(電線など)の監視とメンテナンスのリクエスト

 Boemskaのテクノロジーは、今後数カ月間でSAS Viyaプラットオームに搭載されるとしている。

【関連記事】
マカフィー、SASEの機能強化で企業のDX推進を支援 SD-WANベンダー6社との相互運用性も保証
SAS、マーケティング担当者のカスタマーエクスペリエンス再考を支援するサービスを発表
SAS、Forresterの調査レポートでAIに基づくテキストアナリティクスレポート分野のリーダーに

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5