SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

博報堂DYホールディングス、グループ横断でAI活用へ 研究開発組織を発足

 博報堂DYホールディングスは、クリエイティブ領域におけるグループ横断のAI技術の研究開発組織「Creative technology lab beat(以下、beat)」を発足。第一弾として、子会社のアイレップは、検索連動型広告の文書自動生成と効果事前予測をAIで支援する「H-AI SEARCH」を開発し、提供を開始した。

 beatは、AI技術などのテクノロジー活用により審美の量的・質的効果を追求する基礎研究、応用研究を産学連携で推進。その研究成果に基づくプロトタイプの開発やそれを活用したクリエイティブ制作における新しいワークスタイルの研究・開発を進めていくという。

 また、開発プロダクトの第一弾としてbeatの一翼を担うアイレップは「H-AI SEARCH」を開発。アイレップが広告運用により蓄積した膨大な広告文・運用データを元に広告テキストを自動生成し、配信効果を事前に予測する。効果が高いと期待される広告文だけをスピーディーに配信することができるという。

 今後もbeatでは、産学連携の学術研究やテキスト認識、3DCGなどの自動生成AIツールの開発やクリエイティブ業務のワークスタイル研究を進めていくとしている。

【関連記事】
博報堂メディカルとアドビが協業 製薬業界のDX支援に特化した「Medical DXチーム」を発足
rinnaと電通、AIキャラクターの法人向けソリューション提供で協業 トヨタ販売店で試験運用へ
トーマツがAIを活用した不正検知モデルを開発 企業のガバナンス向上に貢献

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15449 2022/01/14 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング