SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本マイクロソフト、コロナ禍で加速する製造業DXの支援強化へ

 3月15日、日本マイクロソフトは、製造業のデジタルトランスフォーメーションにおける最新の取り組みについてプレス向け説明会を開催した。

3本柱でDX支援へ
3本柱でDX支援へ

 同社は、テクノロジーソリューション提供が大きな柱である一方で、それにとどまらず各企業がコミュニケーションをとり、新しい発想を生み出すためのハブのような役割を担い、DXや改革を支援していけるような位置づけを目指しているという。特に、製造業におけるバリューチェーン全体の支援はもちろん、土台となる電力やエネルギーといった領域もカバーしていくとしている。

素材から完成品まで一貫したサポート提供へ
素材から完成品まで一貫したサポート提供へ

 また、製造業は依然として日本経済を支える柱であるとしながらも、デジタル化という点においては、世界をけん引していると言い難い状況だという。たとえば、世界経済フォーラム(The World Economic Forum)によるライトハウス認定工場が世界に約90ある中で、日本はたった2つしか選定されていない。製造大国と言われていた日本の競争力低下がデジタル環境下でも、改めて問われているとしている。

取り組みが求められるSDGsもカバー
取り組みが求められるSDGsもカバー

 一方で、コロナ禍を背景に日本の製造業においてもDXが本格化してきているとして、マイクロソフトとして大きく下記3つの価値を提供できるという。

  1. ライトハウス認定工場の約半数にも関わるなど、世界中で携わっている製造業DXから得られたノウハウや知見
  2. Microsoft Teamsのようなビジネスツールをはじめ、IoTやAI、デジタルツイン、HoloLensといったさまざまなテクノロジーでのDX支援
  3. 働き方を含めたインターナルな変革だけでなく、SurfaceやXboxなどの製造に関するDXも経験してきたマイクロソフト自身のノウハウ

 さらに、同社が現在携わっている製造業におけるDXシナリオについて、下記7つに大別できるとしている。

7つのDXシナリオ
7つのDXシナリオ

 従業員の働き方改革では、工場などの従業員についても働き方を変革していくことが挙げられ、企業からの要望も今一番多いという。ある企業ではタイにおける製造ライン立ち上げの際に出張ができないため、HoloLensとソリューションを活用することで、現地に赴かずにラインを立ち上げることができている。これは、技術伝承にも利用でき、ホワイトカラーだけでない従業員全般の改革につなげることができるという。

 他にも、デジタルの力を使った新たな顧客接点の創出、IoTやデジタルツインを活用したスマート工場実現、変化を前提としたサプライチェーンの立て直し、リードタイムの少ない設計開発など、製造業に特化した形でサポートに取り組んでいる。加えて、セキュリティ強化やデータ活用にも注力しており、OTを含めた形でのセキュリティ構築のサポート、市民開発におけるデータ活用など産業モデル標準を取り込んだ形での環境整備についても支援を行っていくという。

【関連記事】
SMBCグループとマイクロソフトが戦略的提携 Azure移行やデジタル取引を推進
PwCコンサルと日本マイクロソフト、AIDCと協業 AI活用推進のためデータ利活用の課題解決へ
野村総合研究所グループのASG、豪州のマイクロソフトパートナー企業を100%子会社に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15710 2022/03/15 22:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング