SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

WithSecure、セキュリティ上の疑わしいアクティビティの可視化向上オープンソースツールを発表

 WithSecureは、防御側が検知した疑わしい活動の可視性を向上させる新オープンソースツール「Detectree」を発表した。

 同社のManaged Detection and ResposenseMDRサービスのシニアスレットハンターであるトム・バロウ氏によれば、インシデントレスポンス担当者にとって、エンドポイント上の疑わしいイベント間の繋がりを発見することが、最も重要だという。

 というのも、インシデントレスポンス担当者は常に時間に翻弄され、かつ攻撃を阻止しなければならないという重圧下において、大量のテキストデータに目を通し、調査対象となる疑わしい動きとの関連付けを行うことは、問題の解決という観点からは無駄な時間だと指摘。

 今回発表した「Detectree」は、ログデータを構造化し、検出された疑わしいアクティビティと、その検出に関連するプロセス/宛先ネットワーク/ファイル/レジストリキーとの関係を可視化することにより、防御側が調査作業を省力化できるように設計されている。

 可視化されることにより、インシデントレスポンス担当者は検出された状況をすばやく確認し、そのデータをシンプルで直感的な方法で関係者と共有し、情報を必要とするすべての人がアクセス可能になるとのことだ。

【関連記事】
ウィズセキュアがセキュリティリサーチ部門「WithIntel」の新設を発表 
WithSecureがフィンランドでイベント開催:「“Ctrl+Z”で戦争を前に戻せ」ヒッポネン氏語る
F-SecureがBtoB/BtoCで分社化。日本法人は「WithSecure」(ウィズセキュア)に社名変更。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16359 2022/07/22 13:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング