SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KPMGコンサルティング、データマネジメント態勢を可視化しロードマップ策定を支援するサービス開始

 KPMGコンサルティングは、成熟度診断を通じた課題やデータマネジメントレベルの可視化と、それに基づく具体的なロードマップの策定を支援する「データマネジメント成熟度診断・ロードマップ策定支援サービス」を提供開始した。

 昨今、企業におけるデータの利活用は、経営の意思決定から新規サービスの開発、オペレーションの効率化、リスクモデリングなど、事業活動の様々なシーンに拡大。データによる効果を最大化しながら、安心・安全、かつ永続的に活用し続けるためには、データのライフサイクルまでを管理するデータマネジメント態勢の構築が不可欠だとしている。

 その一方で、多くの企業では態勢構築の重要性は認識しつつも、例えばデータ品質が悪くデータ活用の妨げになっている、スキル・人材が不足している、何から着手すべきかわからないなど、多くの課題によりデータマネジメントの態勢構築を進められていない。その結果、データの活用によって本来もたらされる効果を十分に得られず、データによる価値創出が限定的な状況になっているという。

データ活用の概要
[画像クリックで拡大表示]

 KPMGコンサルティングは、同社がグローバルで蓄積したデータマネジメントのベストプラクティスとデータマネジメントの業界標準を組み合わせて開発したフレームワーク「KPMG Advanced Data Management(以下、ADM)」に基づき、11の概念ごとにデータマネジメント態勢の現状を可視化。企業ごとの課題を導出し、診断結果を基にデータマネジメント態勢の構築に向けた体制の整備、ポリシー・ルールの策定、データカタログおよび品質管理プロセスの整備などのアクションアイテムを導出し、データ活用の実現を支援するとしている。

 ADMによる成熟度診断は、数名から十数名程度の担当者へのインタビュー形式、あるいはWebを使った回答形式により実施され、「データマネジメント態勢の構築に向けた取組みが実行・管理されているか」「標準的なプロセスに基づくものとして定義されているか」など、取組み全体を測定。また、成熟度診断により得られた回答を基に、データマネジメント態勢を最適化するために「実行されている」「管理されている」「定義されている」「測定されている」「最適化されている」の5段階の基準で評価することで、企業のデータマネジメントのレベルを診断するとしている。

KPMG Advanced Data Management(ADM)フレームワーク-11の概念と達成目標<br/>[画像クリックで拡大表示]
KPMG Advanced Data Management(ADM)フレームワーク-11の概念と達成目標
[画像クリックで拡大表示]
データマネジメント成熟度診断の診断結果イメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
データマネジメント成熟度診断の診断結果イメージ
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
セキュリティ担当者が提起すべき8つの主要課題 KPMGコンサルティングがレポートを公開
KPMGコンサルティング、企業のデジタル人材育成を支援 オーダーメイドで提供
KPMGコンサルティング、裾野市とスマートシティに関する連携協定を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16658 2022/09/21 17:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング