SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ヤマハ発動機、「ヤマハらしいデマンドチェーン」への変革を支えるグローバルPSIシステムを構築

 エクサは、ヤマハ発動機のSIパートナーとしてKinaxisのSCM/S&OP(セールス&オペレーションプランニング)ツールRapidResponseの導入を発表した。

 ヤマハ発動機では「『コア事業の稼ぐ力』を強め、サステナブルな社会に貢献する『新規・成長事業に投資』し、『デジタルと共創の加速』で成長性を高める」という目標を掲げた新中期経営計画(2022~2024年)のもと、ヤマハらしいデジタルトランスフォーメーション(Y-DX)を推進している。そうした中、主力事業の一つである二輪車の領域において取り組んでいるのが、「ヤマハらしいデマンドチェーン」の構築だという。

グローバルPSI システムの構築の目的
  •  グローバル規模でPSI( Production、Sales、Inventory)を一元管理
  •  需要変動に迅速に追随するヤマハ発動機様独自の需給調整業務を構築
グローバルPSI システムの構築の目標
  •  グローバルPSI管理のコスト抑制
  •  グローバル・グループ全体収益を考慮した生産供給の実現
  •  グローバル在庫コストの抑制と偏在庫の是正

 今回の発表によれば、今後はインドネシア、フィリピン、タイといった海外の製造拠点にも展開を進めていく計画だという。

 また、グローバルPSIシステムを二輪車事業だけでなく、将来的にはマリン事業(船外機)など他の事業領域にも水平展開を図っていくという構想を抱いているとのこと。

 ヤマハ発動機が目指すY-DXでは、「経営判断の迅速化(Y-DX1)」、「顧客とつながる・新しい体験提供(Y-DX2)」、「次世代価値創造への対応(Y-DX3)」といったテーマとともに、全社でデジタル活用を推進するための「DX 人財育成」といった目標も掲げている。

 ヤマハは、こうした変革に資するインフラづくりとして、グローバルPSI システムの拡張と改善にさらに大きな力を注いでいくとしている。

【関連記事】
日本IBMとSAPジャパン、ヤマハ発動機140拠点の経営情報を可視化するダッシュボード構築を支援
大阪市、DX推進する職員の育成で日本マイクロソフトと連携協定を締結
大企業の多くでDXが進展するも、中小企業では依然低い水準 帝国データバンクが企業のDX意識調査を発表
日立、データ活用からDXまで一気通貫のクラウドサービスを提供開始
ServiceNow、NECへPartner GTM CoEプログラムを国内初適用 DX支援を加速へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16908 2022/11/04 20:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング