SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

無線LAN接続で危険な接続を制御管理 住友電工情報システムがエムコア最新版を発売

 住友電工情報システムは、IT資産管理/セキュリティ管理統合システムの最新版「MCore(エムコア) Ver.7.6」を11月16日に発売した。

 最新版では、無線LAN接続においてセキュリティに問題のあるネットワークへの接続を制御できるようになったという。さらにVPN接続なしでも、業務用PCの情報を常時収集することが可能になるほか、資産情報の変更履歴が残せる履歴管理機能も追加されているとしている。

 MCoreは、「IT資産管理」「セキュリティ対策」「コンプライアンス対策」を1システムで統合管理できるパッケージソフトだ。海外拠点やグループ会社も含めて多数のPCを一元管理するために開発されたシステムであり、1万台以上のPCを1サーバで集約管理でき、スムーズかつ確実な管理・運用を実現できることが強みだ。

 今回バージョンアップした具体的な詳細は以下の通り。

無線LAN接続の制御

 無線LANでのネットワーク接続の可否を制御する機能が新たに追加された。各認証方式・暗号化方式を3段階のセキュリティ判定に分けることが可能となっており、セキュリティ判定別で、管理ポリシーやご利用環境に応じて禁止設定をすることもできる。

 具体的には、WPA2、WEP、CCMPという認証・暗号方式をセキュリティ判定“危険”、“不明”、“安全”に分けて管理が可能だ。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 またMCoreでは、Bluetooth接続の可否および、ファイル転送の禁止制御を新たに追加されている。これにより、業務用PCから私有PCやスマートフォンへのデータの持ち出しリスクを軽減するとしている。

インターネット接続PCの運用管理機能

 従来のVPN経由での業務用PC情報収集だけでなく、インターネット接続での業務用PC情報収集にも対応し、社外で勤務する場合も社内と同じレベルのセキュリティを担保できるようになったという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 今回SSL通信に対応したことで、VPNを使用できない環境でも安全に接続することが可能になっている。さらに、社内・社外どちらで勤務する場合でも、共通の接続設定を使用可能なため、利用者に一切意識させることなく管理サーバに接続可能だ。これにより勤務場所を問わず、どの業務用PCでも定期的に最新情報を収集することができるようになったとしている。

資産の履歴管理機能で履歴情報の管理が可能

 利用者の声を参考にした追加機能として、従来の資産台帳に資産情報の変更履歴が残せる機能を追加し、これまでの更新内容と更新時のコメントが一覧で確認可能となったという。これにより、従業員がその端末資産をもっている理由や移動対象資産の確認など、管理者の負担軽減につながるとしている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

【関連記事】
回答者の半数近くがVPN機器への攻撃を経験 ゼットスケーラーが2022年版VPNリスクレポートを発表
新サービス「HENNGE Connect」発表、VPNの課題解決とオンプレミス/クラウドの統合環境を実現
NTT com、閉域網で「ServiceNow」の利用を可能にするサービス提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16974 2022/11/17 10:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング