SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Vade for M365に報告メールの集約・修復機能が追加発表 インシデント対応時間が短縮に

 Vadeは、同社のMicrosoft 365向けAI搭載メールセキュリティソリューション「Vade for M365」に新機能「Reported emails」が追加されたことを発表した。

 Reported emailsは、Microsoft 365でグラフAIを活用するVade for M365に、Microsoft Outlookを介してエンドユーザーから報告されたメールに素早く優先順位をつけて修復する機能だ。これにより、インシデント対応時間が短縮され、ビジネスのセキュリティ体制が大幅に向上するとしている。

 同社が英調査会社Vanson Bourneに委託して調査した最近の調査結果によると、中小企業の69%において、深刻なセキュリティ脅威が自社のメールセキュリティソリューションをすり抜けたという。このような状況が発生した場合では、企業は脅威のあるメール受信したことをエンドユーザーからIT部門へ報告されることを期待しているという。

 しかしMicrosoft 365向けのサードパーティメールセキュリティソリューションの大半はメールを個別に確認する必要があり、類似するメールのグループ化がされておらず、1つのダッシュボードで修復することができないとのこと。

 そこで今回のReported emailsは、Vade for M365の単一のインターフェイスであり、ユーザーが報告したメールを集約して表示するというものだ。IT管理者は、Reported emailsのダッシュボードから報告されたメールのアラートを設定し、単一のダッシュボードでユーザーから報告されたメールに素早く優先順位をつけて修復することができるという。

 これによりインシデントへの対応時間が短縮され、他のユーザーに転送されたメールの脅威が排除されるほか、報告されたメールに類似した未報告のメールをクラスターにグループ化できるため、管理者は脅威を一括で修復可能とのこと。

 報告されたメールをVade for M365内に集約し、管理者がメールを確認するためにMicrosoft Exchangeに切り替える必要がなくなり、セキュリティインシデントへの迅速な対応や時間的コスト削減にもつながるとのこと。また、報告されたメールを未報告の類似したメールとクラスター化することで、管理者はセキュリティインシデントに一括で対応し、修復できるとしている。

【関連記事】
NTTPC、Vadeのサイバー対策用AIメールセキュリティを採用 国内レンタルサーバーでは初提供
マルウェア攻撃、前年の年間数をすでに上回る Vadeが2022年第3四半期レポートを発表
日本のEmotet、第1四半期と比べ約7割減 Vadeがフィッシングとマルウェアに関するレポート公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17074 2022/12/06 17:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング