SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NVIDIA、AIサービスに「OCI」採用 オラクルとのコラボレーションを拡大

 オラクルは、NVIDIAとのコラボレーションを拡大し、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Supercluster上でのNVIDIA AIアプリケーションの実行を可能にしたことを発表した。

 NVIDIAは、AIスーパーコンピューティング・サービスである「NVIDIA DGX Cloud」を提供するハイパースケール・クラウド・プロバイダーとしてOCIを選択。このDGX Cloudを通じて提供する新たなジェネレーティブAI・クラウド・サービス「NVIDIA AI Foundations」がOCIで稼働している。

 NVIDIA DGX Cloudとその上で稼働するNVIDIA AI Foundationsサービスは、OCIのSuperclusterを活用しており、OCIのSuperclusterにはOCI コンピュート・ベアメタル、NVIDIAネットワークに基づく超低レイテンシRoCEクラスタ、および選択可能なHPCストレージが含まれている。

 NVIDIAによってデプロイ・検証され、超並列アプリケーションを処理できる数千のOCI コンピュート・ベアメタル・インスタンスをサポートしているという。

 OCI Superclusterネットワークにより、3万2,768のA100 GPU、4,096個のOCI コンピュート・ベアメタル・インスタンスまで拡張可能に。

 またNVIDIAは、オラクルがNVIDIA BlueField-3 DPUをネットワーク・スタックに追加することも発表している。

 NVIDIA AI Foundationsのモデル構築サービスは、言語、画像、ビデオ、3D、生物学にまで及ぶ。利用者は、NVIDIA NeMo言語サービスとNVIDIA Picasso画像、ビデオ、3Dサービスを利用して、チャットやカスタマーサポート、プロフェッショナル・コンテンツ作成、デジタル・シミュレーションなどのための、ドメイン特化型ジェネレーティブAIアプリケーションを構築可能だ。

 NVIDIA BioNeMoクラウドサービスでは、生物学AIモデルのトレーニングと推論のための、ジェネレーティブAIアプリケーションをカスタマイズして導入できるツールを提供するという。

 今回の発表にあたり、NVIDIAのエンタープライズ・コンピューティング担当バイスプレジデントであるManuvir Das氏は次のように述べている。

 「AIによるイノベーションの可能性は無限大であり、AIはさまざまなビジネスの変革に大きな影響を与えています。NVIDIAとOracle Cloud Infrastructureのコラボレーションにより、NVIDIAのアクセラレーテッド・コンピューティング・プラットフォームの驚異的なスーパー・コンピューティングの性能を、あらゆる企業が利用できるようになります」

【関連記事】
日本企業の6割、5つ以上のSaaSを利用 オラクルが調査結果を発表
オラクルが「Java 20」提供、生産性向上につながるアップデート
Uberとオラクル、7年間の戦略的クラウド・パートナーシップを発表 OCIに移行も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17573 2023/03/31 16:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング