SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine イベント一覧

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

URL入力でチャットボット完成──カラクリ、GPT活用した「チャットボットメーカー」公開

 4月26日、カラクリは「チャットボットメーカー」を発表した。

 同ツールは、FAQページのURLを入力するだけでオリジナルチャットボットを体験できるデモサイト。カスタマーサポート業界を対象にGPTなど大規模言語モデル(LLM)の実用化を目的とした「カラクリGPTラボ」の一貫であり、多くの企業にLLM活用体験を提供するためのものだとしている。

 利用において必要な作業は「特定のFAQページのURLを入力するだけ」であり、入力されたFAQページ内をGPTが検索し、バーチャルチャットボットを生成。オプション機能として「性格」「語尾」を選択することができ、生成するバーチャルチャットボットに好みのキャラクターを設定することが可能だという。

「チャットボットメーカー」利用手順

  1. 特定のFAQページのURLを入力する
  2. チャットボットの名前・語尾・性格を設定する
  3. 「チャットボットをつくる」ボタンをクリック
  4. 右画面に「オリジナルチャットボット」が生成されるので、質問を入力する
  5. チャットボットのURLをコピーして、知人にシェアもできる

 今後も同社カラクリGPTラボでは、研究内容の情報公開やLLMを活用した協業企業とのPoCおよびその結果発表、海外事例を含めた最新情報の共有などを実施。誰もが最新の技術を手軽に、簡単に、触れられる機会を1つでも多く創出していくことを目指すとしている。

【関連記事】
カラクリ、カスタマーサポートに特化した大規模言語モデルの研究開発を開始
カラクリ、「Salesforce Service Cloud」のチャット機能との連携強化
ベネッセ、AIチャット「Benesse GPT」を開発 社員1.5万人を対象に運用開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17691 2023/04/26 20:41

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング