SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、児童相談所業務ノウハウをAI学習させて職員をサポートするシステムを静岡市と構築

 NECは、AI活用により児童相談所の業務負荷を軽減するシステムを静岡市と構築した。同システムは静岡市の児童相談所にて2024年4月より運用を開始するとしている。

 同システムは、児童相談所内のリスクアセスメントデータと、それに紐づくベテラン職員の知見・ノウハウをAIに学習させることで、通告内容の過去類似事例や、ベテラン職員からのアドバイスなどの有益な情報を提示。経験の浅い職員でもベテラン職員と同じような着想で行動することを支援し、組織全体の対応の質向上を目指すものだという。また、NECソリューションイノベータのホワイトボックス型AIを搭載しており、AIが提示した情報の選定根拠が確認できるとしている。

 さらに、面談記録や会議の文字起こしを音声認識AIにより自動で行うことが可能。児童相談における専門的な用語を学習したAI搭載によって職員の負荷が軽減されるという。

 NECは今後、静岡市での実績を活かし、同システムについて全国の児童相談所への展開を見据えて電話による通告時の音声文字化など音声認識AIの機能強化を進めていくとしている。

【関連記事】
NEC、Microsoft 365やGoogle Workspaceと連携したクラウド型ポータル販売
東京大学とNEC、Beyond 5Gの社会実装に向け協力 キャンパスをテストベッドに研究技術導入へ
NEC、生成AIを社内セキュリティおよびコンタクトセンター業務で活用へ 脅威検知業務を約80%削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18586 2023/10/13 19:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング