SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT-ATとアンリツ、統合監視ソリューション提供めざし協業 製造業のセキュリティ対策を支援

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)とアンリツは、両社のサービスを連携し、サイバーとフィジカルを組み合わせた統合監視ソリューションの提供を目指して協業を開始した。

 現在、ビジネス環境は急速に変化しており、製造業を含む産業分野でも迅速なDXが不可欠となっている。このDXの進化にともない、ITシステムやインターネットとの接続が急増し、従来の金融業界・小売業界・医療分野だけでなく、食品加工業などの製造業においてもサイバー攻撃が増加しているという。

 かつては主に金融業界・小売業界・医療分野に焦点が当てられていたサイバー攻撃が、これらのセクターでの強力な対策の結果、新たな標的を求め、近年では製造業にも広がっている。サイバー攻撃の入口となる一つのケースとして、従業員や協力会社の社員が不用意にマルウェアやウイルスに感染した端末を社内ネットワークに接続し、それが社内ネットワーク全体に拡散するといった例があり、従来のインターネット境界のセキュリティ対策だけでは対処しきれない状況だとしている。

 そのため、早期のリスク検出と対処による予防が求められる一方、セキュリティシステムによるリスク事象の検出、発生現場の特定、影響の確認には独立したシステムを跨り対応する必要があるなど大きな負担となっているとのこと。このような状況を踏まえ、今回、両社が連携し、内部からの不正接続などセキュリティリスクの検出と同時に、現場の特定・絞り込みなどを映像監視ベースで実現可能な統合監視ソリューションの提供を目指した協業を進めていくという。

 統合監視ソリューションの主な特徴は以下のとおり。

  • サイバーとリアルの一元的なモニタリング:生産性を効率化するDXソリューションにセキュリティを組み合わせることにより、“工場内の人が倒れた”“ラインに異物が混入した”などのリアルイベントの対応と、セキュリティイベントの対応を同一の監視オペレーションで提供
  • イベント発生時の状況把握:工場内部のネットワークに未承認端末が接続されたセキュリティイベントを検出した際、統合管理している画面上にセキュリティイベントのテロップを表示。また、現場に設置した複数のカメラで記録したネットワークセグメントの映像を検出した時間から自動的に再生できる。これにより、未承認端末の接続を侵入者が行ったのか、内部関係者が行ったのかを把握することが可能
  • イベントと映像監視を連動させたトレーサビリティの確保:セキュリティリスク検出などのサイバーイベントと、カメラ映像(場所・時刻など)を関連付けて記録・再生できる。該当エリアにおける現時点およびイベント発生前後、周辺の映像など、管理者が確認すべき現場の状況についてイベントドリブンで目視確認することが可能
統合監視ソリューションの実証イメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
統合監視ソリューションの実証イメージ
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
NTT-AT、RPAツール「WinActor」の従量課金制クラウド型サービス「WinActor Cast on Call」を正式リリース
NTT-AT、メール受信機能の追加など、純国産RPA「WinActor」の最新版を5月末に販売開始
NTT-AT、特許技術ファーストパケット認証を採用したマルウェア防止ソリューションを販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18890 2023/12/07 10:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング