SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ガートナー、2024年のデータ/アナリティクスのトップトレンドを発表

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、2024年のデータ/アナリティクス(D&A)のトップ・トレンドを発表した。

 バイス プレジデント アナリストのガレス・ハーシェル(Gareth Herschel)氏は、次のように述べている。

 「AIの力、そして生成AIの重要性の高まりは、人々の働き方、チームのコラボレーション、プロセスのあり方を変えつつあります。こうした『テクノロジ革命』の時代において、転換を図ることができず、D&A全般、特にAIを効果的に活用できない組織は、成功を収めることが難しいでしょう」

 ITリーダーは、以下のトレンドを自社のD&A戦略に反映させるように取り組むべきだとしている(図1参照)。

図1. 2024年のデータ/アナリティクスのトップ・トレンド 出典:Gartner(2024年5月)
図1. 2024年のデータ/アナリティクスのトップ・トレンド
出典:Gartner(2024年5月)
[画像クリックで拡大表示]

トレンド:「必要に応じる」から「ビジネスを賭けた難題解決」へ

 AIが戦略レベルで業界に革命を起こし続ける中、D&AリーダーはAIを活用してビジネス上の難題を解決できるスキルを有すると証明し、企業内でAI戦略の主導を任されるだけの信頼を獲得しなければならないという。

 ハーシェル氏は次のように述べている。

 「D&Aリーダーは、自身の能力と、組織の求めるビジネス成果を達成する仕事を結び付けて、組織にもたらす自らの価値を実証する必要があります。それができず、リソースの配分ミスや投資の未活用といった問題が悪化し続ければ、D&Aリーダーは組織内のAI戦略の主導を任されなくなるでしょう」

 AIによってビジネスのあり方が変化する一方、企業のコストは膨れ上がっているという。D&Aリーダーは、FinOps(財務オペレーション)の実践によって標準を設定/適用し、経費を削減すべきだと同社は述べている。また、D&Aのベスト・プラクティスを特定し、それらをフランチャイズ化し、組織全体で活用できるようにするための取り組みも検討すべきだとしている。

トレンド:「混沌」から「管理可能な複雑性」へ

 多くのD&Aシステムは取り扱いに注意が必要であり、D&Aシステムの冗長性は混乱やコスト増の原因になり得るという。ハーシェル氏は次のように述べている。

 「先進的な企業は、この混沌を自らが管理可能な複雑性に変えようとしています。当然ながら、複雑性への対処は容易ではありません。しかし、複雑性を認識することで動的な環境を現実的に理解できるようになり、D&Aチームによる適切なアクションの実行が可能になります」

 複雑性に対処するには、エコシステムで起きていることを理解する必要があるという。D&Aを、サプライヤー、顧客、パートナーなどにも拡張することで、全社的なビジネス・プロセスやオペレーションを改善。プロセス・マイニングやデジタル・ツインなどにも投資して、データから状況をつかみ取り、エコシステムで何が起きているか、その状況を把握できるようにすべきだとしている。

 D&Aリーダーは、自動化と生産性向上のためにAIに対応したツールを利用することも重要だという。これには、拡張データ管理ツール、意思決定の自動化、自然言語処理(NLP)などの拡張アナリティクス機能への投資が含まれる。

トレンド:「唯一の真実の源泉」から「清濁合わさった洪水の中」へ

 組織内の信頼の欠如、データの価値と品質に対する懸念、AIを巡る規制は、ステークホルダーからの「不信」を招くという。

 ハーシェル氏は次のように述べている。

 「データが信頼されなければ、そのデータは意思決定で適切に利用されなくなります。D&Aリーダーは、データへの信頼を築き、意思決定インテリジェンスに取り組んで、意思決定のプロセスと成果を追跡すべきです。さらに、効果的なAIガバナンスと責任あるAIの実践が、ステークホルダーとの信頼を確立する上で極めて重要です。そのためには、データをAI-Readyにする、つまり、倫理的に統制され、安全で、偏りがなく、強化された、正確なデータにする必要があります」

トレンド:「過度の負担」から「権限を持った個人」へ

 ハーシェル氏は次のように述べている。

 「D&AにおけるAIの活用によって、従業員が脅威や不満を感じるのではなく、権限を与えられたと感じることが重要です」

 組織は、従業員がAIに対応できるようにするために、従業員のAIリテラシーの向上に向けた育成プログラムに投資する必要があるという。その際、AIのエキスパート・ユーザーに必要なスキルセットは、ほかの一般的なユーザーとは大きく異なることを認識しなければならないとしている。そのため、組織内でAIリテラシーを向上させるには、複数の異なるアプローチを織り交ぜる必要があるという。

 ユーザーが行えることの範囲を広げるには、分析に基づく意思決定をユーザーが行えるように、能力の面だけではなく、権限の面でも可能にすることが重要だという。そのためには、適応型のガバナンスが求められるとしている。情報資産の管理に信頼ベースのアプローチを導入して、ユーザーが使っている情報の来歴を継続的に把握しなくてはならないと同社は述べている。

 ハーシェル氏は次のように述べている。

 「これらのトレンドに対応するためにD&Aリーダーは、自分自身とチームのメンバーが、それぞれの生産性を高めるイノベーティブな時間を確保できるようにすることも重要です」

【関連記事】
データ/アナリティクスのリーダーがとるべき「人々を導く3つの行動」【ガートナー提言】
日本企業の「AI専門組織」設置割合、海外企業の半分にとどまる 人材の枯渇感も顕著に【ガートナー調査】
ガートナー、世界で進行するAI規制を踏まえ日本企業へ提言

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19719 2024/05/22 13:38

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング