SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デロイト トーマツ、RAGの利便性や精度を向上するアプリケーションを開発 品質向上や開発期間短縮を支援

 デロイト トーマツ コンサルティング(以下、デロイト トーマツ)は、大規模言語モデル(LLM)に企業のデータベースを接続するRAG(Retrieval Augmented Generation)に関するサービス強化のために、RAGの利便性や精度を向上する複数技術を搭載した多機能RAGアプリケーションを開発した。

 RAGは、生成AIが企業内の既存知識や蓄積されたデータを活用するにあたって有用な手段である一方、大量のドキュメントの中から必要な情報を検索できない、ドキュメント中のグラフやチャートなどの視覚的情報が読み取れない、複数の問いを含む複合的な質問に回答できない、自社独自の用語をLLMが理解していないため回答が正確ではないといった課題があるという。同社は、様々な生成AIプロジェクトにてこれらの課題に対峙し、その技術ノウハウの中から、特に利便性や精度の向上に寄与する技術を集約したとしている。

多機能RAGアプリの主な機能
  • 検索精度向上のための機能:複雑な質問をシンプルな質問に分解し、複数回の検索を経て回答を生成する「サブクエリ検索」、最初に複数のドキュメントを検索し選別したのちに特定ドキュメントに絞ったチャンク(意味のまとまり)単位での検索を行う「2段階検索」
  • LLMの回答分野拡張のための機能:テキストだけでなくドキュメント中のグラフやチャートなどの視覚的情報を読み取り可能とする「マルチモーダル」、業界や自社特有の用語の定義を登録しその定義を踏まえた回答を生成するための「独自用語集」
  • 回答精度向上のための機能:評価の高い回答を優先的に表示するために、一次保存し検索を経ずに回答を生成する「回答キャッシュ」、管理者がFAQデータ登録しそれをもとに回答を生成する「FAQ回答」

 多機能RAGアプリに付随する「インデックス作成ツール」では、検索用データの作成にあたって検索精度を向上させるための様々なメタデータの付与や、マルチモーダルに対応したインデックス作成機能などが実装されているという。これにより、ドキュメントを投入するだけで多機能RAGに対応したインデックスデータを作成するとしている。

 操作画面上では、回答のもとになった引用箇所や、より詳細な質問を促すフォローアップ質問が表示され、各機能の選択もON/OFF設定の切り替えにより可能。同社のコンサルタントおよびエンジニアが、クライアントのニーズに合わせた生成AIの実装において活用することで、RAGに関する開発期間の短縮および品質の向上を支援すると述べている。

[画像クリックで拡大]
多機能RAGアプリ機能(一部)
  • サブクエリ検索:複合的な質問を分解し、複数回のチャンク検索を経て回答を生成
  • 2段階検索:最初にドキュメントを検索し、そのドキュメントに絞ったチャンク検索を実施
  • マルチモーダル:ドキュメント中の図表等を検索し、その内容を踏まえた回答を生成
  • 独自用語集:業界や自社特有の用語の定義を登録し、その定義を踏まえた回答を生成
  • FAQ回答:管理者がFAQデータを登録し、それをもとに回答を生成
  • 回答キャッシュ:評価の高い回答をキャッシュし、検索を経ずに回答を生成
インデックス作成ツール機能
  • チャンク分割:ドキュメント中のテキストおよび図表データを分割し、検索インデックスに登録
  • メタデータ作成:ドキュメントの内容を表す様々なメタデータを付与
  • インデックス管理:インデックスデータの追加・削除および複数インデックスへの分割登録

【関連記事】
三井住友カード、RAG用いた生成AIの本番利用開始 問い合わせ対応を60%短縮へ
Denodo、「Denodo Platform 9.0」リリース RAGやデータ管理強化の新機能を実装
25周年を迎えるレッドハット、RAGではない「LAB」によるLLM最適化へ クラウド事業が売上牽引

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/20005 2024/07/08 14:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング