EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

動作環境温度の5℃アップで空調などを含めたデータセンタの消費電力を最大30%削減 NEC、省電力サーバExpress5800の5機種、ストレージiStorage Mの2機種を発売

  2011/06/06 15:31

NECは、省電力性を強化したIAサーバ「Express5800シリーズ」の新製品5機種、および新ストレージ「iStorage Mシリーズ」の2機種を6月6日から発売すると発表した。
 

サーバーの新製品は、従来比で最大26%、ストレージの新製品で最大50%の省電力化を実現しているという。さらに部品の最適配置や冷却ファンの回転数制御などにより、一般的な動作環境温度(35℃)を5℃上回る40℃に対応しており、データセンタやオフィスの空調など、ファシリティも含めた消費電力を最大30%削減することが可能だとしている。

・サーバ新製品
1Wayタワー「Express5800/GT110d」、1Wayスリム「同GT110d-S」、1Way水冷スリム「同GT110d-S」、1Wayラック「同R110d-1E」、「同E110d-1」の合計5機種を製品化。

・ストレージ新製品
省電力に優れたSAN対応ストレージ製品群「iStorage Mシリーズ」を新たにラインアップに追加。エントリーストレージ「同M100」と、導入容易性を追求した低価格ストレージ「同M10e」の2機種を販売開始。

■ニュースリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/1106/0601.html
 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5