EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SCSK、次世代サンドボックスを活用した標的型攻撃監視・防御サービスを提供

  2016/01/13 15:00

 SCSKは、標的型攻撃を検知する「標的型攻撃監視サービス」、および標的型攻撃に起因する情報漏えい被害を防ぐ「標的型攻撃防御サービス」の1月13日から提供する。SCSKがシステム開発や運用で培ったノウハウとセキュリティー分野での専門性を活用し、各企業に特有の経営リスクや機密情報に合ったセキュリティー対策を提供するという。

 企業のシステム環境に最先端のサンドボックスシステム「Lastline」を導入することで、既知の攻撃を防ぐだけではなく、未知の脅威も高精度に検出する。その検出状況をSCSK監視センターによって24時間監視し、企業の環境に合った二次分析を行うという。

 情報漏えいなどの事象を防ぐための対応が必要な際には、対応策を即時に連絡。また、SCSK監視センターによる、ファイアウォールや不正侵入検知・防御装置のセキュリティー対策機器の監視サービスと併用することで、即座に不正通信を遮断し、標的型攻撃に起因する情報漏えいを高精度かつ迅速に防御することも可能だとしている。

 「Lastline」は、従来型のセキュリティー対策では防御できない高度な攻撃を検知し、外部との不正な通信をブロックする。標的型攻撃に使われる高度なマルウェアを最先端の手法と独自のナレッジによって分析し、その挙動を高精度に把握することができるという。導入形態はクラウド型、オンプレミス型から選択でき、企業のシステム環境やセキュリティー要件に応じた構成が可能だ。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5