EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年第4四半期のスマートフォン出荷台数852万台で前年同期比13.7%減――IDCが発表

  2016/03/07 13:30

 IDC Japanは、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2015年第4四半期(10月~12月)、および2015年通年(1月~12月)の出荷台数を発表した。

2015年通年ではスマートフォン出荷台数2,749万台で前年比3.6%増

 2015年通年のスマートフォン出荷台数は、従来型携帯電話からの移行が進み、前年比3.6%増の2,749万台となった。しかし、2015年第4四半期だけをみるとiPhoneの落ち込みが影響し、852万台、前年同期比13.7%減のマイナス成長であった。また、この落ち込みは、年間のスマートフォンOS別シェアにも影響を及ぼしており、2011年以降、順調に伸ばしてきたiOSが2015年は後退し、52.4%となった。

 2015年のスマートフォンのベンダー別シェアでは、アップルが2014年から6.3ポイント落としたが第1位を維持しています。第2位以下は、ソニー、シャープと続き、2014年に第4位であったサムソンは第6位に後退、京セラが第4位、富士通が第5位へと、それぞれ順位を上げた。

 一方、2015年通年の携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、スマートフォンの増加分が従来型携帯電話の落ち込みを補完することができず、前年比5.9%減の3,442万台となった。2015年第4四半期もその傾向に変わりはなく、前年同期比15.7%減の1,046万台であった。

スマートフォンOS別シェアで2015年はiOSが6.3ポイント低下で52.4%に後退

 2015年の国内携帯電話市場でシェア第1位を維持したアップルだが、2015年第4四半期のiPhone 6sの販売が伸びず、前年同期比20.8%減と大きく落ち込んだ。第2位には、スマートフォンと従来型携帯電話を安定して供給しているシャープ、スマートフォン端末に特化したソニーは第3位、京セラが第4位、富士通が第5位となり 2014年から順位に変更はなかった。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネージャーの片山雅弘氏は、「大手通信事業者の2015年度 第3四半期決算を見ると、各社とも増収・増益(増収:2%~8%、増益:11%~18%)である。この要因として、契約者向け動画などのコンテンツサービスが伸び、利用単価が上昇していることが挙げられる。また、昨年2月に始まった“携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース”を見越して、販売経費の削減 を行った効果が出てきたことも背景にある」と分析している。

 さらに「今後は、タスクフォースの答申に基づく総務省要請によりスマートフォンの実質0円販売を廃止することで、通信事業者は過度の買い替えを追う必要がなくなり、端末販売や価格設定に関する主導権は、iPhoneを中心に、携帯電話機ベンダーから通信事業者に移っていくであろう」と述べている。

参考資料1:2015年第4四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア(作成:IDC Japan)  
参考資料2:2015年 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行する「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」にまとめられている。「IDC Tracker」は、IDCが独自の調査手法に基づきICT製品・サービスの市場規模・ベンダーシェアの実績や市場予測を定期的に提供するデータベース製品。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5