EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SUSE、プライベートクラウド構築を推進する「SUSE OpenStack Cloud 6」を提供

  2016/03/08 15:00

 SUSEは、3月3日にドイツ・ニュルンベルクで、IT担当者とITリソースにかかる負担を軽減し、IaaSを構築するためのエンタープライズ向け製品の最新版となる「SUSE OpenStack Cloud 6」の提供開始を発表した。

 OpenStackの「Liberty」リリースをベースに開発された「SUSE OpenStack Cloud 6」は、高可用性の拡張機能、今後のOpenStackリリースでの無停止アップグレード、さらにはDockerとIBM z Systemsのメインフレームサポートを実現しており、ビジネスに欠かせないアプリケーションとデータのクラウドへの移行を容易にするという。

 さらにSUSEでは、OpenStackプライベートクラウドの展開・運用についての、新しいOpenStackトレーニング・認定制度を開始する。

 「SUSE OpenStack Cloud 6」は、主に次のような拡張機能を提供するという。

  • 無停止アップグレード機能:今後のOpenStackリリースへの容易な移行を実現。
  • 高可用性機能の強化:従来型のインフラストラクチャと同水準の可用性により、レガシーアプリケーションやビジネスクリティカル・アプリケーションをクラウドに移行。
  • IBM z/VMのサポートと、Xen、KVM、Hyper-V、VMwareの既存のサポート:これらのハイパーバイザのオプションすべてに対応するのはSUSEが初めて。
  • Dockerのサポート:これまでにない画期的なコンテナ化アプリケーションの構築・実行が可能。
  • OpenStack Manilaのフルサポート:オープンソースの共有ファイルシステムサービス、Manilaのパフォーマンス、スケーラビリティ、管理機能をダイレクトに利用可能。
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 Support Pack 1のサポート:エンタープライズ・ワークロード向けの最新かつ最高のプラットフォーム上で、自社のOpenStackクラウドを構築可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5