EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、ハイブリッドクラウド性能を最適化するビッグデータ対応の監視スイートを発表

  2016/07/25 15:40

 日本ヒューレット・パッカードは、分析機能を活用したIT部門向けのIT運用ソフトウェアとして、ハイブリッドアプリケーション性能のダッシュボード表示をリアルタイムで提供する「HPE Operations Bridge(OpsBridge)」スイートの提供開始を発表した。

 「HPE OpsBridge」スイートは、ビッグデータ分析超高速データベース「HPE Vertica」と組み合わせることで、実行する既存アプリケーションとクラウドネイティブアプリケーション、ハイブリッド環境を自動的に検索、監視、管理する。また、Microsoft Azure、AWS、Docker、「HPE Helion OpenStack」、およびその他のOpenStackディストリビューションに対応する。

 「HPE OpsBridge」スイートの主な特徴と最新機能は次のとおり。

 ・Docker、OpenStack、AWS、Microsoft Azureとの連携による、新たなDevOpsプロセスのサポート:既存ツールからITデータを統合することで、100種類以上のサードパーティ製統合ツールをサポートし、IT管理プロセスを単純化。

 ・リアルタイムのビジネスバリューダッシュボード:タブレットに対応し、役員や運用のニーズに応じてカスタマイズ可能で、ほぼあらゆるタイプとソースのビジネス、IT、オンラインのデータを表示。

 ・ビッグデータ分析による自動相関機能:「HPE Vertica」の活用により、システムイベントのロケーションをピンポイントで指し示し、その後のイベントを予測可能な、過去データへの洞察を実現することで、根本原因の検出を迅速化。

 ・IT管理運用の自動化水準の向上:複雑なワークフローで自動化スクリプトを使用し、手作業による運用の必要性を低減。

 ・ChatOpsによるユーザーとシステムのコラボレーション:Slack、HipChatなどのチャット製品との連携により、修正措置、状況のアップデート、インシデントの作成、修正の自動化に対応。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5