SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HPE、ディープラーニング特化型サーバーと「ディープラーニング環境構築サービス」を発表

 「HPE Apollo 6500 System」は、GPUを最大8枚まで搭載可能でディープラーニングアプリケーション向けに最適に設計されているという。1CPUあたりのGPU数の多さ、4Uというスマートなフォームファクター、および発熱を考慮した効率的なサーバー設計を通じて、ディープラーニングによるレコメンデーションアルゴリズムや検索技術、音声認識といった処理を、より高速かつ効率的に実行できるようになり、コストを抑えながらモデルの検証期間が短縮されるとともにリアルタイムの処理実行を高速化することができるとしている。

 「HPE Apollo 6500」をNVIDIA Tesla Accelerated Computing PlatformといったGPUコンピューティングプラットフォームとあわせて使用した場合、さまざまなディープラーニングツールの利用においてGPUの処理能力を最大化するという。

 「HPE Apollo 6500」は、Caffe、CUDA、Torch、Theano、Tensorflow、NVIDIA Deep Learning SDK、およびヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)が今年新たに発表したCognitive Computing ToolkitをはじめとするディープラーニングコンピューティングプラットフォームとAPIモデルに対応している。

 新製品の主な特徴は次のとおり。

 「HPE Apollo 6500 System」:専用4Uシャーシに8GPU搭載サーバーを2サーバー搭載可能なマルチノードサーバー。GPU高密度搭載ソリューションとして、高い処理性能を実現。

 「HPE ProLiant XL270d Gen9」:あらゆるディープラーニングニーズに応え、幅広い企業に最高のGPUパワーを提供する、最大8枚のGPUを搭載可能な2Uサーバー。インテル Xeonプロセッサー E5-2600 v4 製品ファミリーを最大2基搭載(1サーバーあたり)。

 また、「HPE Apollo 6500」の発売に合わせて、「ディープラーニング環境構築サービス」も同時に発表した。このサービスは、NVIDIA GPUを搭載したHPEサーバー上にTensorFlowを導入し、そのリソースと機能を最大限活用した高速機械学習環境を構築して提供するもの。

 FinTech、IoT、マーケティング分野をはじめ、AIを積極的に活用しようとする試みは多方面において現在急速に広まっており、特にディープラーニングはその中でも大きな注目を浴びている技術になっている。HPEは、世界有数のITベンダーとして、ハードウェアのみならずサービスの分野においても、イノベーションをテクノロジーの面から強力に支援していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8461 2016/09/09 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング