SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

標的型攻撃向け特化型脅威対策製品、2020年までのCAGRは22.1%で251億円へ――IDCが予測

2015年の標的型サーバー攻撃向け特化型脅威対策製品は前年比77.9%増

 標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品は、サンドボックスエミュレーションやコードエミュレーション、ビッグデータアナリティクス、コンテナ化などの非シグネチャベースの技術による脅威対策製品である。

 また、標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービスには、標的型サイバー攻撃によって発生したセキュリティインシデントに対するコンサルティングサービスや標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品導入のためのシステム構築サービス、マネージドセキュリティサービス、標的型サイバー攻撃対策向け教育/トレーニングサービスが含まれる。

 この分類において、国内標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場では、標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は、2015年の市場規模は92億円(前年比成長率77.9%)となり、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.1%で、2020年には251億円に拡大するとIDCでは予測している。

 また、標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場は、2015年の市場規模が3,666億円(前年比成長率7.6%)、2015年~2020年のCAGRは7.6%で、2020年には5,290億円に拡大すると予測しています。

今後は一元管理された標的型サイバー攻撃対策が行えるSaaS型へのニーズが高まる

 国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は、標的型サイバー攻撃を懸念する大企業や官公庁などの公共機関を中心に導入が進んでおり、その際導入される製品の多くは、外部にファイルを送信することなく自社内で検出できるアプライアンス製品になる。

 しかし、ソーシャル技術、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、クラウドという第3のプラットフォームテクノロジーによって実現されるデジタルトランスフォーメーション(DX)時代では、社内/社外に関わらずさまざまなエンドポイントデバイスから情報資産を活用する機会が多くなり、社外で活用するエンドポイントデバイスに対する標的型サイバー攻撃対策が必要となる。

 今後は、社内/社外に関わらず一元管理されたセキュリティポリシーで標的型サイバー攻撃対策が行えるSaaS(Software as a Service)型ソフトウェア製品へのニーズがさらに高まるとIDCではみている。

「産業特化型標的型サイバー攻撃向け対策ソリューションの提供を推進すべき」

 国内標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場は、高度化する標的型サイバー攻撃による大規模な情報漏洩事件の増加で企業における標的型サイバー攻撃への危機意識が高まりから、大企業を中心に標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品の導入が進んでおり、標的型サイバー攻撃に向けたセキュリティ製品の導入設計からシステム構築に至るまで、標的型サイバー攻撃向けのセキュリティシステム構築サービス需要は拡大している。

 また、標的型サイバー攻撃の高度化と対策製品の多機能化によって、より高度な専門知識を持ったセキュリティエンジニアによるセキュリティシステムの運用が求められている。今後は、高度化する標的型サイバー攻撃防御として、機械学習機能などAI(人工知能)を活用した高度な脅威インテリジェンスによるマネージドセキュリティサービスが進展していくとIDCではみている。

 第3のプラットフォームテクノロジーによって実現されるDXによって、ITシステムはオンプレミス環境とクラウド環境の両方を組み合わせたハイブリッド環境へと変化することで、標的型サイバー攻撃対策ソリューションは境界防御ではなく産業システムに組み込まれて展開されるとIDCではみている。そのため、標的型サイバー攻撃対策ソリューションは、業界コンプライアンスや産業システムに特化したソリューションが必要となる。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏は次のように述べている。

 「サイバーセキュリティソリューションを提供するベンダーは、特定の産業に特化した標的型サイバー攻撃対策製品と、その導入支援や運用管理といったセキュリティサービスをパッケージ化した産業特化型標的型サイバー攻撃向け対策ソリューションの提供を推進すべきである。そのためには、産業特化型ソリューションを提供しているベンダーやパートナーとの協業も必要になる。また、産業分野によって特定の産業システムが存在し、その脆弱性が狙われる可能性もあるため、産業分野に特化した脅威インテリジェンスの構築も進めるべきである」

参考資料:国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場、製品別売上額予測、2013年~2020年
(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測、2016年~2020年」にその詳細が報告されている。このレポートでは、国内標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場を標的型サイバー攻撃に対応した特化型脅威対策製品とセキュリティサービスに分けて、2016年~2020年の予測を提供している。また、「国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場シェア、2015年:サイバー攻撃向け脅威対策の製品とサービス」では、2015年のベンダーシェアを提供している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8495 2016/09/20 12:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング