SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラドウェア、AWSとAzure上のアプリケーション向けDDoS攻撃防御サービスを発表

 「クラウドDDoS攻撃防御サービス」では、オンプレミスとパブリッククラウド環境を組み合わせてアプリケーションをホストする企業に、一貫性のあるセキュリティポリシーとシングルペインによる管理が実現する統合型DDoS攻撃防御環境を提供する。

 このサービスには、緊急対策チームと問い合わせ窓口、統合型Webセキュリティポータル、レポートツール、オンプレミスとクラウドベース防御全体にわたるDDoS攻撃防御テクノロジーが備わっている。

 パブリッククラウドホスト型アプリケーション用の既存のDDoS攻撃防御サービスは、防御機能が制限されており、ネットワーク層DDoS攻撃防御に注力しているものは、アプリケーション/SSLベースのDDoS攻撃に対する防御が欠落しているという。新ソリューションでは、より動的かつ高度なアプリケーション層DDoS攻撃およびSSLベースのDDoS攻撃に対して、先進的な防御が可能な高精度な防御機能を備え、広範な攻撃に対応できるという。

 これにより、企業には隠れたトラフィックコストはなくなり、クラウドでかつてアプリケーションにまで到達した攻撃トラフィック分の支払いをする必要がなくなることにもなるとしている。

 新サービスは、2つのモデル常時接続とオンデマンドでサービスを提供されうる。常時接続型クラウドDDoS攻撃防御サービスでは、アプリケーションのトラフィックは常にラドウェアのクラウドスクラビングセンターを経由するため、リアルタイムに攻撃の検知と緩和が可能だ。オンデマンド型クラウドDDoS攻撃防御サービスには、アプリケーションのリモート監視、DDoS攻撃の自動検知、顧客へのプロアクティブアラート、攻撃検知時にクラウドスクラビングセンターへ自動転送を行うリアルタイム軽減、などの機能が含まれている。

 「クラウドDDoS攻撃防御サービス」の主な機能は次のとおり。

 ・最大範囲の攻撃を網羅、アプリケーション層およびSSLベースDDoS攻撃から防御:AWSおよびAzureを利用中の企業に、現在市場最先端の攻撃検知・緩和機能を提供し、あらゆるタイプのDDoS攻撃に対してアプリケーションを包括的に防御。

 ・高精度な防御機能を備えたリアルタイムな緩和対策:アウトオブパスの振る舞い検知型クラウドDDoS攻撃防御機能を提供する唯一のサービスプロバイダーとして、レイヤー3-7に対するDDoS攻撃を正確に検知し、緩和用の攻撃シグネチャを自動的に作成。

 ・平時に余計な待ち時間なし:オンデマンド型クラウドDDoS攻撃防御サービスでは、攻撃検知時にトラフィックを転送して攻撃を緩和できる。この機能は、自動検知と緩和機能を実行しながら、平時には待ち時間が発生しない。

 ・隠れたトラフィックコストは存在しない:アプリケーション層/SSLベースフラッド攻撃からアプリケーションを防御することで、アプリケーションに達する攻撃トラフィックの費用を支払う必要がなくなる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9104 2017/03/29 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング