Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

RPAを“野良ロボット”にさせないために―KPMG田中淳一氏が語るRPAの今後と導入成功のカギとは?

2018/02/19 06:00

 昨今、多くの企業で導入が進み、話題にも事欠ない「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」。既存の作業ルールに従って定型作業を自動化する「Class1」に対し、非定型業務の自動化を実現する「Class2」と呼ばれるRPAの実現も期待されはじめている。その結果、業務の何が変わるのか。また市場の現状と今度をどのように捉えるべきか。ユーザーから寄せられる様々な疑問に答えるべく、KPMGコンサルティング株式会社 執行役員パートナーで、日本RPA協会専務理事の田中淳一氏がRPA、class2に関する概況や導入の方法論について解説した。

適用範囲が広がるRPA

 「47%の業務は自動化される」とされたオックスフォード大マイケル・A・オズボーン准教授の論文から、まもなく4年――その間、多くの企業で急速にRPAの導入が進んではいるが、実際の置き換え率は遥かに及んでいない。実際、田中氏の調査では、当初RPAで置き換えられると期待された労働を50%とすると、その中で実際に置き換えができたものは予め決められた作業ルールに従う定型作業のみ。『Class1』と呼ばれるRPAでの置き換えは、定型業務の20%程度であり、全体の5~10%に留まっているという。

 つまり、置き換えられるはずの定型業務の約80%に、定型と言いながらも人がちょっとだけ介在するなど、作業ルールの範囲に収まらない「例外作業」が数多く存在し、それがRPAによる真の働き方改革、デジタルレイバーの実現を阻害しているという。この「例外作業」をRPAと人工知能(AI)を組み合わせて置き換えようというのが『Class2』だ。

 そうした昨今のRPAにおいて、KPMGコンサルティングは中立性を保ちながら、『Class1』のみならず『Class2』レベルの導入支援までを手がけてきた。そのKPMGが実施した調査によると、現段階では単純作業の業務に関するRPA導入ニーズが高いが、3年後にはより高度で複雑な業務でのニーズが増えることが予測されるという。

 つまり、「Class1」として定型作業の自動化を目的に、情報取得や読み込み、入力、検証などの“作業”をメインとする、いわば「巨大マクロ」的な製品から、数年後には例外対応や非定型業務の自動化を目的とする「Class2」へと適用範囲が拡大するという。すでにディープラーニングや自然言語・画像・音声処理などを可能とするWatsonなどの「コグニティブAI」が登場しており、実用化によって企業にも導入され始めている。

出所:KPMGコンサルティング株式会社より[クリックすると図が拡大]

 田中氏は「あくまで個人的な予測」と前置きしながら、「『Class1』で活用され、その価値を認められた製品にもAI技術が導入され、また新しい価値を生み出すものとして生まれ変わる可能性がある。単に置き換わるというより、価値の拡大というべきだろう」と分析した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

  • 伊藤真美(イトウ マミ)

    フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

バックナンバー

連載:Operation Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5