SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

data tech 2018 講演レポート(PR)

Microsoft Azureのデータ分析サービスを使い倒すには? 実例を元にツール活用方法を徹底解説

 ビジネスにおけるデータ活用が着実に現実化してきている。SNSの普及やセンサーからのデータ取得が可能となり、これまでにない粒度や種類のデータが取得できるようになった。加えてクラウド基盤へのシフトも大きく進んでいる。こうしたなか、よりモダンな形で、より効率良くデータ活用を進めていくにはどうしたらいいか。編集部主催のdata tech2018に登壇した日本マイクロソフト クラウドソリューションアーキテクト 大内山浩氏が解説した。

今どきのデータ活用のサクセスにはクラウドツールが欠かせない

 データ活用で得られる恩恵はあるものの、実現にはいくつかのハードルがある。例えば「統合的なデータ分析環境がない」「個人情報の取り扱いが難しい」「効果的な活用方法が見いだせない」など。2016年に発表された総務省の情報通信白書によると、「日本企業のデータ利活用は収集と蓄積の段階で止まっている」という指摘があり、今後、経済成長の中核となるのはAIを活用したデータ(ビッグデータ)の収集や活用とされている。  

日本マイクロソフト クラウドソリューションアーキテクト 大内山浩氏

 裏返すと、こうした課題解決にはビッグデータ、IoT、AIなどのデータをシームレスに統合したデータプラットフォームや分析基盤が必要であるということ。センシティブなデータを取り扱うためのセキュリティを確保した上で、現場のユーザーがデータ活用できるような環境が求められている。その上で、生産性向上やビジネス価値創出を実現できるソリューションを編み出していく必要がある。  

 「データ活用のサクセスキーは3つ」と日本マイクロソフト クラウドソリューションアーキテクト 大内山浩氏は言う。まずは「ヒト」と「プロセス」。「ヒト」とはデータ活用のためのスキルセットを保有する人材で、データサイエンスやデータエンジニアリングの知見だけではなくビジネスのスキルも必要だ。

 「プロセス」とはデータ活用活動を効果的および効率的に進めるための方法論に相当し、CRISP-DM、KDDなどの汎用的なものや企業内での実績に裏打ちされたカスタムプロセスなどになる。ここまでは従来のITやデータ活用と共通している。大内山氏はもう1つ「クラウドツール」を挙げた。  

 クラウドへのシフトが進み、データ活用環境においてはモダンなクラウドツールをいかに活用できるかが生産性向上の鍵となる。そこで大内山氏は顧客企業における実体験から得た知見も交えながら、実際のデータサイエンスの現場で最新のクラウドツールやサービスがどのように活用されているかを示した。今回紹介するサービスはAzure Data Lake Storage、Power BI、Azure Databricks、Azure Machine Learning service、SQL Data Warehouseなど。

次のページ
新人でも乗客をキャッチできるようにタクシーの乗客予測モデルを作成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
data tech 2018 講演レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11537 2019/01/29 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング