SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

Boxは、クラウドストレージからクラウド・コンテンツ・マネジメントへと進化する

 DB Onlineの読者なら、OneDriveやGoogle Drive、Dropboxなどのクラウドストレージを日常的に利用しているだろう。これらを使っていなくても、iPhoneユーザーなら意識せずにクラウドストレージのiCloudでデータのバックアップをとっているに違いない。これらクラウドストレージは、コンシューマでの利用はもちろん、既にビジネスシーンでもよく使われている。そしてそのビジネスシーンでよく利用されているのがBoxだ。Boxは、同社のサービスは単にクラウド上でストレージのサービスを提供するものから、クラウド・コンテンツ・マネジメントの領域に拡大している。

大手企業に数多く採用されているBoxの優位性とは

 Boxは2005年に設立、ビジネスを開始し15年程の時間が経過している。その間にグローバルで2,000人を超える従業員を抱え、既にニューヨーク証券取引所に上場、日本法人の従業員も100名を越えている。グローバルで95,000社以上でBoxは使われており、顧客の特長は大手企業で採用されていることだ。たとえばFortune 500の70%が利用しているのだ。

 日本には4,800社以上の顧客がいて、日経平均株価の指標「日経225」企業の45%、さらには「攻めのIT経営銘柄2019」の62%でBoxが採用されている。日本においても、かなり速いペースで顧客は増えているのが現状だ。日本でも順調にビジネスを伸ばすBox Japanは、基本的に代理店販売形式でビジネスを行っている。日本には6社の一次代理店があり、その下の二次代理店を合わせると240社ほどのパートナーがいる。このようにパートナーが多いのも、Boxのビジネスの特長となっている。

「Boxのコーポレート・ミッションは、人と組織の働き方を変革することです」と語るのは、Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長の三原 茂氏だ。Boxはファイル共有が行えるクラウドストレージを提供するだけでなく、クラウドストレージに保管するコンテンツの活用、管理が容易にできる。これを強みに、人や組織の働き方の改革にまで踏み込んだソリューションを展開する。

 Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長の三原 茂
Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長 
三原 茂

 ガートナーのマジック・クワドラントでも、Boxはファイル共有サービスとコンテンツ管理の2つのカテゴリーでノミネートされている。この2つに入っている企業は、BoxとMicrosoftだけ。ただしMicrosoftは、OneDriveとSharePointという2つの製品で別々にノミネートされている。これに対してBoxは1つの製品で双方のカテゴリーにエントリーされている。つまりBoxは両方の機能を1つのレポジトリで管理できる唯一のベンダーだと三原氏は自信をみせる。

「Boxは単なるファイルの置き場ではありません。置いたファイルをどう管理し活用するかの、コンテンツ管理の機能があります。それをクラウドで提供しているのです」と三原氏。Boxのサービスには、ストレージ容量の制限がない。さらにモバイルを含むあらゆる端末からアクセスでき、多言語対応もしている。また専用ソフトウェアがなくても、ブラウザでアクセスできる。そして情報は1つのレポジトリで一元管理され「Single Source of Truth」を実現している。社外とのコラボレーションも容易に行える。それらが揃っていることが、Boxの強味となる。

 豊富な機能を利用するのに、設定などを情報システム部などに依頼することなく、現場の人間がセルフサービスで行えるのもメリットの1つだ。「情報システム部の担当者にたのまずに、外部との安全な情報共有がすぐに実現できます。その際に、特別な教育なども必要はありません。これらにより働きやすくして働き方改革につなげていきます」と三原氏。

 使いやすいだけでなく、API使いアプリケーションを独自に作ることも可能。これにより、Boxだけでは実現できないようなプロセスの自動化なども、外部の仕組みと連携させて実現できる。こういった利点があることも、企業から期待されているポイントだ。

次のページ
Boxの中でワークフローを構築し運用できるBox Relayを新たに提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12283 2019/07/23 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング