SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

オラクルのパブリッククラウドの仕組みを顧客のデータセンターへ――Oracle Dedication Region Cloud@Customer

 Oracleでは、早くから「@Customer」というソリューションを提供している。これはユーザーやパートナーのデータセンターにOracle Exadataなどのプラットフォームを置き、Oracleがそれを管理して、ユーザーはクラウドサービスと同じように使えるものだ。

パブリッククラウドをコピー&ペーストで顧客の許へ

 当初OracleはSaaSには積極的だったが、IaaSやPaaSなどのインフラ系サービスにはあまり興味がなかった。CTOのラリー・エリソン氏は、SaaSを活用する企業が一緒にIaaSやPasSも使いたいと言うので「仕方がないからそれらも提供する」くらいのトーンで発言していたほどだ。一方でこのプライベート型の@Customerは、むしろエンタープライズ向けの「Oracleらしい」サービスであり、企業ニーズにマッチすると主張してきた。

Oracle CTO ラリー・エリソン氏
Oracle CTO ラリー・エリソン氏

 それが大きく変化するきっかけは、「Oracle Autonomous Database」の登場した2018年だろう。これはGen2と呼ぶ次世代型クラウドインフラと最新のOracle Databaseを組み合わせ実現されている。Gen2クラウドインフラは、それまでのクラウドの弱点を克復しエンタープライズ向けに設計し直したものとなる。このGen2の提供以降、インフラ系パブリッククラウドにも拘りを見せ、エリソン氏はことあるごとにAWSに対する優位性を口にするようになる。

 ところでAutonomous Databaseは、当初、Gen2クラウドインフラが動くパブリッククラウドからしか提供されていなかった。今回Oracleでは、Autonomous Databaseを顧客のデータセンターで利用できるようにする、2つのサービスを提供する。1つが「Oracle Exadata Cloud@Customer」だ。Exadata Cloud@Customer自体は、2019年のOracle OpenWorld時点でGen2インフラに対応していた。それを更新し、今回からAutonomous Databaseにも対応させたのだ。

Oracle Exadata Cloud@Customer
Oracle Exadata Cloud@Customer

 もう1つが、Oracle Dedication Region Cloud@Customerだ。こちらはExadataだけではなく、パブリッククラウドのOracle Cloudの仕組みを「顧客のデータセンターにコピー&ペーストしたものだ」とエリソン氏は言う。Autonomous Databaseはもちろん、Oracle ERP CloudなどのSaaSなどを含む50以上のOracle Cloudのサービスが、これを使って顧客のデータセンターで利用できるようになる。対してAWSのオンプレミス版のサービス「AWS Outposts」では「使えるサービスは4つしかない」と、その差が大きさをエリソン氏は主張する。

Oracle Exadata Cloud@Customer
Oracle Cloudのパブリッククラウドの仕組みを顧客のデータセンターにコピー&ペースト

 Dedication Region Cloud@Customerには、Oracle Cloudのパブリッククラウドと同等のSLAも提供される。ベアメタルのサービスもHPCのサービスも、Oracle Cloudにあるサービスであればこの基本的に利用できるサービスとなっているのだ。

Oracle Exadata Cloud@Customer
Oracle Exadata Cloud@CustomerとAWSとの機能の比較
Oracle Exadata Cloud@Customer
Oracle Exadata Cloud@CustomerとAWSとのパフォーマンス・アヴェイラビリティ比較

次のページ
金融業などの統制とパブリッククラウドの柔軟性、迅速性のメリットを両立させる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13258 2020/07/21 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング