EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マイクロソフトが目指す「CAF」による“DX成功”のためのクラウドジャーニー クラウド移行の支援に留まらないCAFの価値とアバナードのサービスとは

edited by Operation Online   2021/04/23 10:00

Ready by Designでクラウドジャーニーを網羅的にサポート

 たしかにCAFを上手く活用できれば、自分たちの力でクラウドジャーニーを歩みDXを成功させられるだろう。とはいえ実際に動き出せば、組織やスキルのギャップに直面するはずだ。もちろん、ギャップを埋める人材を自社で確保、育成し、内製で進めることもできる。しかしすべてを自分たちだけで進めるのではなく「パートナーのソリューションに頼ったほうが上手くいくことも多いのです」と久保氏はアドバイスをおくる。たとえばクラウド導入技術のスキルに長けたパートナーの力を借りれば、迅速かつ安全に信頼性の高いクラウド基盤の構築と運用が実現できる。

 たとえば、ビジネス戦略の策定からコンサルティング会社に入ってもらい、パートナーと一緒にDXに取り組む組織もあるだろう。そのような場合は戦略を立てる過程で、CAFの活用を始めるケースもある。またCAFに沿って内製で戦略を策定しクラウドジャーニーをスタートさせ、クラウドインフラ基盤の設計や移行段階でパートナーの力を借りるケースも多い。

「Cloud Jouney Tracker」の他にも「Governance Benchmark」なども提供されており、自社で現在の状態を把握することもできる

Governance Benchmark」などのツールも提供されており、自社で現在の状態を把握することもできる
[画像クリックで拡大]

 「マイクロソフトはクラウドのプラットフォーマーとして、多くの組織が成功するための最大公約数的なガイダンスを提供しています。それに対し、特定の業種業界や顧客個別の状況などに応じて付加価値を追加した上で、CAFを用いて顧客と伴走できるのはパートナーの強みです」と久保氏。たとえば、CAFにはステージごとに参考にできるドキュメントがあり、すぐに利用できるテンプレートやWebツールも用意されている。また、Azure上のポータルサイトでは、CAFのルールに沿った形でベストプラクティスを提示し、そこから必要な機能を備えたテンプレートを用いてリソースをAzure上に展開することも可能だという。そして、パートナーを活用することで、これらのガイダンスやツールを用い、顧客企業に最適な形にカスタマイズしてクラウドジャーニーを進めるサポートができる。

図の他にも目的に応じたテンプレートがいくつも用意されている

目的に応じた図のようなツールとテンプレートがいくつも用意されている
[画像クリックで拡大]

 戦略の定義に強い、あるいはクラウド化の計画や移行に強いパートナーがいれば、クラウド導入後の継続的な活用、管理に強いところもあるだろう。CAFのステージごとにパートナーの得意領域があり、それに対応する独自のツールやソリューションも提供して、パートナーは顧客企業をサポートしている。

 一方で、顧客と密に連携してCAFにおけるステージすべてをサポートできるようなパートナーは多くないという。そのような中、CAF全体を網羅して顧客の状況に応じた柔軟なサポートができるのがアバナードである。

 アバナードは、アクセンチュアとマイクロソフトの出資によるジョイント・ベンチャーで、マイクロソフト製品に関する専門知識を有するビジネステクノロジーソリューション、クラウドサービスのプロバイダーだ。オンプレミス時代からマイクロソフト製品を活用してビジネスを成功に導くためのフレームワークをもっており、それをクラウド化のニーズに合わせ移行に特化して最適化してきた。その実績あるフレームワークをCAFにアラインさせたのが、Avanade Cloud Migration Frameworkの「Ready by Design」だ。

多くの要素から構成された「Ready by Design」は、自社のスタート位置を確認するところからはじめる

多くの要素から構成された「Ready by Design」は、自社のスタート位置を確認するところからはじまる
[画像クリックで拡大]

 Ready by Designは、アバナードが有するグローバルの知見を取り入れながら、日本企業におけるクラウド活用の最適化を意識したものとなっている。「特長は戦略、計画はもちろん、運用から保守まで一気通貫で提供できることです」と言うのは、アバナード Microsoft Azure Platform Services オファリングリードを務める御幡辰馬氏だ。

(左から)アバナード Microsoft Azure Platform Services オファリングリード セルジオ三山氏 同社 Microsoft Azure Platform Services オファリングリード 御幡辰馬氏
(左から)アバナード Microsoft Azure Platform Services オファリングリード セルジオ三山氏
同社 Microsoft Azure Platform Services オファリングリード 御幡辰馬氏

 IT戦略検討からモダンアプリケーションの導入に関する幅広いITアドバイザリーサービスを提供する「Avanade Advisory Services」、組織が保持すべき機能を作業範囲と役割から定義する「クラウドCoE立ち上げ支援」、インフラ、アプリケーションの移行を包括的に支援する「Avanade Cloud Migration Roadmap」、インフラ資産、アプリケーション資産の評価サービス「IT Asset Doc」と「Application Roadmap to Cloud」を用い実施する「資産評価」、実際にワークショップを通じてAzureの基盤設計を支援する「Cloud Foundations Workshop」などを提供する。

図のパイプラインのように繰り返したり、戻ったりと状況に合わせてアジャイルに進めていく

図中のパイプラインを繰り返したり、戻ったりと状況に合わせてアジャイルに進めていく
[画像クリックで拡大]

アバナードとマイクロソフトの共催ウェビナー

 この混乱の中で生き残り成長するため、今こそ、クラウドを活用して、ビジネス価値を最大化する基盤を見直すべきとき。

「かつての戦略や手法がいまや足かせに?
 今、クラウドでの基盤を検討する企業が知っておくべきアプローチとは
 『Ready by Design』」
  • 日時:2021年5月14日(金)16:30-17:30
  • 詳細・申し込みはこちら

関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:Operation Online Column
All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5