SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

B2Bビジネスの主戦場は顧客データ管理 アドビが投入する「Real-Time CDP」とは

BtoB向けCDPとして人とアカウントのプロファイル統合

 Adobe Real-time CDP BtoB Editionは、BtoBマーケター向けに開発されたもので、人とアカウントのプロファイルを統合し、リードの完全な理解とデータの安心感を実現するという。そのポイントは以下となる。

  • BtoBに必要な構造化されたデータ:これまでBtoC向けのCDPでは提供されていなかった、アカウントや案件単位といったBtoBで必要なデータ構造をXDM(アドビが推進するエクスペリエンスデータモデル)を活用し、その構造を保持。
     
  • 次世代CDPの基本機能:Adobe Experience Platformにより提供されるリアルタイムプロファイル統合やデータ利用まで規定が可能なデータガバナンス機能を提供。
     
  • B2Pのハイブリッドプロファイルに対応:BtoB、BtoCの両方を実施している企業にあわせて、両方のプロファイルを統合しながら利用できるハイブリッドプロファイルに対応した機能も提供。
     
  • Adobe Marketo Engageコネクタ:Adobe Marketo Engage用のコネクタを用意し、Marketo側で保持しているデータ構造をそのままにReal-time CDPとの連携を実現。

 こうしたCDPの機能により、企業のB2Bのマーケティングは、企業内の人にフォーカスしたコミュニケーションが可能になった。一方、企業としてのアカウント単位で分析をした方が良い場合もあるだろう。複数の関係者が発生するB2Bにおいても、顧客データ管理をおこなうCDPが、従来のマーケティング、セールス、カスタマーサポートなどのシステムを集約するインフラとして高度化していくことが次の競争領域になるのではないだろうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15255 2021/11/24 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング