SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

日本企業のAI導入53%に伸長 鈍化する米国に追いつくもROI測定やAIガバナンスの実施に「差」

 PwC Japanグループは、2022年5月19日に「2022年AI予測調査日本版」の記者説明会を実施した。日本企業のAI導入状況は2021年から上昇し、米国の水準に追いつくも、ROI測定やAIガバナンス対策ではまだ遅れをとっている状況だという。さらに、同グループから調査を踏まえたこれからのAI活用に関する提言もあった。

米国はAI導入が鈍化、日本は活用に課題

 PwC Japanグループが実施する「AI予測調査日本版」は2020年から年単位で作られ、今回は3回目となる。Webを介して収集されたアンケート調査の概要は次のとおり。

日本
  • 調査実施時期:2022年1月
  • 回答者数:300人
  • 対象:AI導入済みまたは導入検討中で、売上高500億円以上の企業の部長職以上
米国
  • 調査実施時期:2022年1月
  • 回答者数:1,000人
  • 対象:AI導入済みまたは導入検討中で、売上高5億米ドル以上の企業の幹部

 登壇したPwCコンサルティング パートナーでPwC Japanグループ データ&アナリティクス/AI Lab リーダーの中山裕之氏はイベントの冒頭、主な結果を紹介した。

PwCコンサルティング合同会社 パートナー PwC Japanグループ データ&アナリティクス リーダー AI Labリーダー 中山裕之氏

PwCコンサルティング パートナー
PwC Japanグループ データ&アナリティクス/AI Lab リーダー
中山裕之氏

 まず、日本企業のAI導入状況では、2020年の27%、2021年の43%に対して、2022年は53%と10ポイント上昇した。この2年でAI活用が急速に高まってきたことがわかる。その背景として中山氏は「経済産業省がDXレポートを出したことで、企業が取り組みを開始したということが言えると思います。ファーストペンギンが飛び込んだ後にフォロワーがたくさん動き出す、といった日本の企業の特徴を表していると推察します」と語った。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 一方で米国の場合は、2021年の58%に対して2022年は55%と、この1年での進展はあまり見られない状況となっているという。この状況の背景には2つの仮説があり、1つは米国といえどもすべての企業が先進的ではないこと、もう1つは新型コロナウイルスなどの影響によって、短期的に結果が出ないプロジェクトへの投資が停止してしまっていることが推測されるとした。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 導入状況で米国に追いついた日本であるが、全社展開については米国の26%に対して日本は13%と、組織内での浸透度にはまだまだ差がある状況だ。

 今回の調査では1年先の売上予測に関する質問もあり、AI導入企業の55%が増加(17%が減少)を見込んでおり、未導入企業の49%が減少(27%が増加)を見込む結果になったという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 中山氏は「AIの活用がビジネスに貢献していることが見てとれます。私どもは日本企業がAIを活用してよりビジネスを大きくしていくことを支援していきたいと考えており、そこに大きな期待を寄せている次第です」とコメント。

次のページ
調査結果から見える「3つのトレンド」と「提言」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16087 2022/06/07 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング