SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(AD)

成田悠輔氏が展望する22世紀のDX すべてがデータ化した社会実現の前に立ちはだかる壁

DXを超えて 〜すべてがデータになる世界~

仏教哲学でわかる22世紀の社会の姿

 日本社会の現状を考えると気持ちが沈むところだが、成田氏はDX22でどんな社会変革が実現するかについて解説を続けた。DXの過去と未来を大きな視点から展望する上で、とても重要な概念が仏教の「八識」である。これは人間の意識や認知のプロセスを「1. 眼識」「2. 耳識」「3. 鼻識」「4. 舌識」「5. 身識」「6. 意識」「7. 末那 (まな) 識」「8. ・阿頼耶 (あらや) 識」に整理したもので、8つの心理を意味する。

 この内、1番から5番は五感として知られるものだ。続く6番の意識は、知性や合理性、あるいは思考力に相当するもの。7番の末那識は、意識の裏側にある感情のことで、エゴ、プライド、あるいは承認欲求のようなある種の非合理的な心のあり様を示している。最後の阿頼耶識は、個人の存在を超越した根本にある無意識レベルでもっているような深い識を意味する。

 この「八識」は、私たちの社会の中でDXがどれだけ進展したかの理解に役立つという。眼識や耳識など、それぞれがどのように関連しているか。成田氏は講演でわかりやすく説明している。この詳細についても「Ignite 22 Japan」本編で確認していただければと思う。

 そして我々を待ち受ける未来には、人間の身体や精神がインターネットにつながる未来も見えてくる。「人間の身体のインターネット化は実現しつつある」と成田氏は指摘する。周辺を見渡しただけでもスマートウォッチを着けている人が増えてきており、それが測定しているデータの代表例が心拍数だ。心拍数のパターンから深刻な予兆を検知し、病院に行くことを勧められてその指示に従った結果、命をとりとめた人のニュースは記憶に新しい。

 となると、その先の精神や脳のインターネット化が見えてくる。実際、脳にデバイスを埋め込み、AIにうつ状態に特有のパターンを学習させ、うつ状態の兆候が検知された患者に電気刺激を加える治療を実施したところ、良好な状態に転じたとする報告もあるという。

 もっと先の未来では、デバイスを埋め込んだ人間の脳と脳がインターネットを介してつながる。そうなると、地球上の人間の精神がインターネットを介して一つの存在になる未来すら夢物語ではなくなる。NFTを使えば、データの由来や所有者を明確にもできる。世界が生み出すあらゆる断片が市場経済や経済取引に取り込まれる社会が到来するのかもしれない。それがDX22で実現する可能性のある未来である。

次のページ
一部では実現しているDX21

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16630 2022/10/07 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング