SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(AD)

成田悠輔氏が展望する22世紀のDX すべてがデータ化した社会実現の前に立ちはだかる壁

DXを超えて 〜すべてがデータになる世界~

一部では実現しているDX21

 22世紀のことを考えるだけではなく、私たちが現在を生きる21世紀のDXを考えることも重要だ。「DX21」を考える上で避けて通れないのが、セキュリティとプライバシーである。その理解のヒントになるものとして成田氏が挙げたのが、映画『イーグル・アイ』である。

 2008年に公開されたこの映画タイトルにある「イーグル・アイ(鷲の目)」は、米国政府が国土監視用に開発したAIであり、街中の至る所に設置されたデバイスを通してデータを収集している。ある時イーグル・アイは、大統領が憲法違反行為に加担していることを知った。それを基に大統領を排除する決定を下すのだが、肉体を持たないAIは、代わりに2人の主人公を動かして大統領暗殺を遂行しようとする。

 この映画がおもしろいのは、映画の世界観を構成する個々の要素技術が、2022年の現時点でかなり利用可能な状態にあることだ。ただし、現在の社会と映画で描かれた社会は大きく違う。現在、組織が個人に関するデータを絶え間なく収集できる状態ではない。イーグル・アイのように、人間が次に何をするべきかを判断する自律的な機械も存在しない。何かを決めるのは人間で、実行も人間が行う。映画が描いたようにデータの循環プロセスはなく、至る所に分断があるのが今の社会だ。

 だが今の社会を見ると、スケールは圧倒的に小さくなるが、この循環に限りなく近い姿は実現している。たとえば、BtoCのWebサービスがある。ECサイトには大量のユーザーがいて、スマホやPCという比較的貧弱なデバイスでそのWebサービスを使う傍ら、自分に関するデータを絶え間なく生成している。そのECサイトの裏側にあるのは、プログラムという高度に機械化された存在だ。

 店舗の運営では、棚に置く商品を何にするか、その値段をいくらにするかが非常に重要である。ECサイトも同様で、数千点の商品のどれをトップページに表示するか、それをユーザーごとに最適化しなくてはならない。

 そして成田氏は、これまで経験した企業との共同プロジェクトの経験を踏まえ、21世紀後半に迎えるであろう、データに基づいた未来の姿を「Ignite 22 Japan」本編にて語っている。

次のページ
完全なDX21実現に向けて避けて通れない問題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16630 2022/10/07 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング