SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー(PR)

Snowflakeを前提としたサービス設計、データコラボレーションを体現するTangerineの試み

データシェアリング機能を活用し、小売りにおけるデータサイエンスの民主化を加速

データコラボレーションとAIを活用、需要予測にも挑戦へ

 「Snowflakeはマルチクラウドでデータ流通ができ、さらに圧縮でデータ量の削減、秒単位の課金で使った分だけのコストで済む点が高く評価できます」と島田氏は言う。既にSnowflakeのマーケットプレイスでは天候、暦などさまざまなデータが公開されている。データコラボレーションの実証実験として、たとえばドコモの商圏データ、OPTEXの来店データ、スマレジのPOSデータにTangerineの店頭流量データを加え、Store360を用い商圏、店頭流量、来店客数、来店率、購買率などをSnowflake上で組み合わせ、BIツールで分析している例がある。この取り組みによる新たなデータ活用では、期待を超える成果が出ていると島田氏は言う。

ドコモ・インサイトマーケティング社と滋賀県で実証実験を実施。十分な手ごたえを得られたという。
ドコモ・インサイトマーケティング社と実証実験を実施。十分な手ごたえを得られたという。
[画像クリックで拡大]

 「Snowflakeは、自動的に最適なリソース調整を実現するサーバレスの仕組みや、外部ストレージを外部テーブルとして扱うことでデータパイプライン構築を不要にする考えなど、管理するものをどんどん減らしてくれるためデータエンジニアの運用リソースはかなり下がり、価値を生み出すデータ分析基盤構築に多くの時間を割けるようになります」と島田氏。Snowflake単体ではできないデータクレンジングなどは、外部ツールと連携させることで実現できる。そのためのエコシステムも整備されており、必要なものはすぐに手に入る。その上で「データコラボレーションが徐々に増えており、ここも期待以上のものがあります」と言う。またデータが簡単に共有できるだけでなく、必要なものだけを選択できるなど安全性の高さも島田氏は評価する。

 Tangerineでは今後、小売店舗で求められる需要予測にも挑戦していく。既にSnowflakeのAI、機械学習技術を用いフォーキャスト機能の開発も行っており次期Store360のリリースに追加される予定だ。このようなサービスの進化で「さらにデータサイエンス領域の民主化を強めていきたいと考えています。それをエコシステムの中で、Snowflakeと一緒に実現していきたいです」と島田氏。既にフォーキャスト機能のPoCでは、データコラボレーションによるAIモデルを構築し来店客数の平均予測精度が98%まで達成されているとのことだ。

 Snowflakeは、高性能なデータウェアハウスとして捉えるだけでなく、マーケットプレイスなどでデータの価値を最大化するところにこそ優位性がある。この「データの価値を最大化すること」は、Tangerineの目指す方向性とも一致している。その点を今回評価されアワードを獲得できたことは「素直に嬉しい」と島田氏は言うのだった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16823 2022/11/24 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング