SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Day 2023 春の陣レポート(AD)

業務時間外の対応も少なくない「パッチ管理」……自動化・効率化するときに“不可欠な5つの機能”

夜間のパッチ適用は「当たり前」にしないで! まずはスモールスタートから

夜間のパッチ適用などを「当たり前」とは思わないで

 そして、『タイムリーな脆弱性対策(パッチ)の導入』については、どのコンピュータにパッチが足りていないかを自動的に把握し、欠落したパッチを自動的に配布する機能を搭載している。この時、欠落パッチはWindowsやMac、Adobeなどのサードパーティベンダーサイトからパッチを自動ダウンロードするため、手作業する必要がない。

 『脆弱性対策(パッチ適用)の状況把握』については、Patch Manager Plusの豊富なレポート機能で十分対応できる。コンピュータごとにパッチの配布結果を閲覧できるだけでなく、ソフトウェアごとに欠落パッチを一覧化しフィルタリング検索することも可能だ。こうしたレポート機能によって、組織内のコンピュータが安全であるかどうかを迅速に把握できる。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 最後に、『情報の一元化』については、ここまで紹介してきた「脆弱性・パッチ情報」や「パッチ適用状況」などの各種情報を、すべてPatch Manager Plusに集約し、画面上で閲覧することが可能だ。さらにパッチに関するメーカーの公開情報は、情報として取得するだけでなく、メーカー側に遷移して確認することもできる。鈴木氏は「情報を一元管理することで、パッチ管理の負担を軽減し、効果を高めつつ、効率化がかなう」と強調した。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 そして、改めて「脆弱性管理やパッチ管理は大きな負担をともなうもの。だからといって、事業で活用しているOSやソフトウェアならば、行わないという選択肢はなく、そのセキュリティ上のリスクを低減していくことは企業的課題と言える」と話した。続けて「その解決策としての一つの示唆として、コントロールできる部分から自動化を始めるスモールスタートの考え方がある。また、Excelとの格闘や夜間のパッチ適用などを当たり前と考えず、本セッションを機に見直してみてほしい」と訴え、セッションの結びとした。

パッチ管理はPatch Manager Plusにお任せ!

Windows/Mac/LinuxのOSパッチとAdobe/Java/ブラウザーなど850を超えるアプリケーションのパッチを単一コンソールで簡単に管理します。本記事で興味を持たれた方は、Patch Manager Plus公式サイトからお問い合わせください。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Security Online Day 2023 春の陣レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ゾーホージャパン株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17552 2023/04/12 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング