SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

「小さく始めて大きく育てる」IBM のSOA 導入を成功させるアプローチ(前編)


SOAを行う目的はそれ自体を導入することではなく、ビジネスに俊敏性を与えるITシステム環境を中長期的な視点で構築することだ。そのためには、小さく始めて大きく育てていくアプローチが有効となる。

SOAはBPMを実現する有用な方法

 IBMは、SOAへの取り組みをかなり早い段階から行ってきた。ガートナーによってSOAの概念が提唱されたころから、SOAのソリューションを展開している。日本IBMにおいても、2006年にはSOA の専門部隊を立ち上げ、SOA を実現する各種ツールの提供やコンサルティングサービスなどにも積極的に取り組んでいる。

 IBMがSOAのソリューション展開を始めた当初は、SOAのサービス粒度はどうすればいいのか、あるいはサービスをどのように切り出せばいいか、どうやってサービスを連携させて再利用すればいいのかなど、技術寄りの話題も多かった。

 ところがここ最近は、ビジネスとITをつなぐことこそがSOA の本質だという認識が広がりつつある。このような最近のSOAに対する市場認識の変化は、IBMが当初からずっと主張してきたことでもある。IBMとしては、従来掲げてきたSOAの本質的なメリットの部分と、世の中のSOAに対する認識の足並みが今になってようやく揃ってきたと感じているところだ(図1、図2)。

図1: IBMが提唱する SOA のコンセプト
図2: IBMのSOA は、どのステージにおいても明確な価値がある

次のページ
SOAではなくBPM

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀧本 香織(タキモト カオリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1792 2009/09/08 13:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング