SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

チームスピリット新CEOに道下和良氏が就任 荻島氏からの“3つのバトン”、今後の成長戦略を尋ねる

日本オラクルやセールスフォース・ドットコム、WalkMeなどで培った経験、どう活かす

 ERPのフロントウェアとして勤怠管理や経費精算、工数管理、就業管理、電子稟議などの機能を提供する「チームスピリット」。同製品の開発・販売を手がけているのがチームスピリットだ。創業時から代表取締役として牽引してきた荻島浩司氏が退任し、日本オラクルやセールスフォース・ドットコム(現セールスフォース・ジャパン)の営業部門、さらにWalkMeの代表取締役、LINE AIカンパニーCCOなどを歴任してきた道下和良氏が、新たに代表取締役 CEOに就任する。このタイミングで道下氏はなぜチームスピリットのCEO就任を引き受けたのか、同社のさらなる成長のためにどのような戦略を描いているのか、話を訊いた。

チームスピリットに大きな可能性を感じた

 道下和良氏は2022年7月、当時LINE AIカンパニー CEOであり、日本オラクル時代の同僚でもある砂金信一郎氏に誘われ、カンパニーCCOとして同社のビジネスを推進。その後LINEとヤフーの再編にともない、2023年4月1日にワークスモバイルジャパンにLINE CLOVAの事業が統合されるまで一連の業務を担い、一段落ついた2023年8月頃に営業顧問として関わってきたチームスピリット社からCEO就任の打診を受けたことを明かしてくれた。

 「チームスピリット」は、AppExchangeと呼ばれるSalesforceのプラットフォーム上で提供されるSaaS製品。AppExchangeの国内製品として大きな実績があり、チームスピリット社は2011年10月にはセールスフォース・ジャパンと資本提携に至っている。

 道下氏はセールスフォース・ジャパンからの紹介もあり、2022年春頃からチームスピリット社のエンタープライズ・ビジネスに係わるアドバイスをするように。その後、2022年12月からは営業顧問に就いており、そこであらためて社内から同社のビジネスを俯瞰した道下氏は「極めて大きな可能性がある企業だと思いました。SAPやOracleなど外資ベンダーの存在感が強い市場において、コア業務を担うようなソリューションを提供できている日本のSaaS企業はいません。その状況下、チームスピリットの製品領域は決して広くありませんが、領域特化型のエンタープライズ・ビジネスとして、大きなポテンシャルがあると感じました」と話す。

 セールスフォース・ドットコム在籍当時、チームスピリットのイメージは“中堅中小企業を対象にしたサービス”とのイメージが強かったと道下氏。そこから時を経て、2022年春頃に荻島氏と出会い、これから本格的にエンタープライズ領域に注力したいとの話を聞くと「おもしろそうだ」と可能性を感じ、営業顧問としてエンタープライズ領域のビジネスについてアドバイスを行うと、それらが結実する様子も見てきたとして「チームスピリットのこれからの仕事に、やりがいを感じました」とも言う。実際に直近のチームスピリット社では、1万ユーザー以上の大規模なビジネスの契約が増えているだけでなく、SAPとの協業も深まっている。

「エンタープライズでのビジネスを本格化することは決して夢物語ではなく、(業績拡大に向けた)現実的な成長戦略なのです」(道下氏)

チームスピリット 代表取締役 兼 CEO 道下和良氏
チームスピリット 代表取締役 CEO 道下和良氏

 なお、新CEOへの就任にあたり、前任者である荻島氏からは「エンタープライズ・ビジネスの本格化」「新規事業を興す」「チームスピリット社をより良くする」という3つのバトンを受け取った。エンタープライズ向けに機能拡張を続けきた「チームスピリット」がある中、前述したように営業顧問時代からの施策が実を結びだしたことはもちろん、新規事業も着実に進展している。「エンタープライズ事業が強固になると、自ずと新規事業も動き出すはずです」と道下氏。一般的にシングルプロダクトならば、大手企業だけを狙うのではなく、採用社数を増やす戦略を採るために中堅・中小企業をメインターゲットとすればよい。「あえて要求の厳しいエンタープライズ領域でビジネスをするならば、たとえば勤怠管理から導入してもらい、そこから拡大していくようにアプローチしていきます。つまりはエンタープライズ向けのビジネスを立ち上げることは、新規事業を興すことになるのです」と説明する。

次のページ
事業拡大を狙うチームスピリット 焦点は「生産性向上」の訴求か

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18796 2023/11/27 12:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング