SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BPM Solution Forumレポート(PR)

ビジネスの変化を瞬時にとらえて手を打つ~センス・アンド・レスポンド型ビジネスへ

BPM Solution Forumレポート

“イベントは関連づけでパワーの源となる”

 実は、ビジネス・イベント処理ソリューションは米国IBMでも導入されている。こちらは、“業務品質の改善”を目的とした活用だ。同社のソフトウェア製品の総数はエディション違いも含めると数百種類にも及ぶ。次々と新製品がリリースされる中で、一部の製品情報では整合性が取れていないというミスが発生していた。

 そこで、“製品発表日の14日前の時点で、製品ステータスがファイナルになっていないすべての製品に対してアラートを発生させる”などといったイベント処理を導入。カタログの間違いにつながるような状況を認識して抜け漏れを防ぐことにした。ビジネス・イベント処理の導入によって製品情報を統一できた結果、営業担当者が確認、訂正するといった無駄な作業が削減されたという。

 “イベントは、静かにあちこちへと受け渡されている…関連のないコミュニケーションの一部分として。それらは、偉大なパワーの源であり、関連づけがなされたとき、情報の富をもたらす”。横谷氏は、スタンフォード大学のLuckham教授の言葉を紹介。さまざまな場面で適用できるのがビジネス・イベント処理だと締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BPM Solution Forumレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉田 育代(ヨシダ イクヨ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1891 2010/05/11 11:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング