SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 秋の陣

2023年9月26日(火)・27日(水)各日10:00~16:30

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

今日からはじめるRFP入門教室

知っておくとより良いシステム発注ができるRFP作成の5つのツボ

最終回


今回で最終回です。これまで5回にわたってRFPの内容や提案の受け方などについてお話してきましたが、最後にいくつかのTipsを紹介して、この連載を終了にしたいと思います。

 今回で最終回です。これまで5回にわたってRFPの内容や提案の受け方などについてお話してきましたが、最後にいくつかのTipsを紹介して、この連載を終了にしたいと思います。

RFPに関する5つの質問

 Q&Aを共有化すべき?

 RFPの提案会はすべき?

 RFPには技術的な要求も記載するべき?

 パッケージでもRFPを書く必要はある?

 より満足度の高い提案を受けるための秘訣はある?

質問1:Q&Aを共有化すべき?

 提案に関するQ&Aは、全ての提案業者で共有できるようにした方が良いでしょう。つまり、A社が個別に行なった質問とそれに対する回答は、B社にも伝えるということです。もちろん、情報の共有にはメリット・デメリットがあります。

 情報が共有されるようになれば、提案力のある業者が他社のQ&Aを踏まえたより良い提案をしてくる可能性が生まれるでしょう。一方で、各提案書が均質であまり差がないものになってしまうリスクもあります。

 ただし、筆者の経験で言えば、Q&Aを共有したことによって提案が均質化してしまったことはありません。どの業者も他社との差別化を図るために、色々なことを提案してくれる傾向にあります。

情報を共有すれば提案の底上げが見込める
情報を共有すれば提案の底上げが見込める

 よって、筆者はメリットを重視して情報を共有するようにしています。ただし、Q&Aがどの企業によって為されたものかを特定できないよう、質疑の文章を変えるなどの調整は行なうようにしています。

 余談ですが、「予算はいくらですか?」という質問をしてくる業者さんが時々いらっしゃいます。これについては、「コンペですから、お答えできません」と回答するようにしています。コストを下げたり、妥当なコストをはじき出すことも目的のひとつですからね。もちろん、これも共有化します。

次のページ
質問2:RFPの提案会はすべき?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日からはじめるRFP入門教室連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐川 博樹(サガワ ヒロキ)

 中小企業診断士。大手電機メーカの生産管理システム企画構築、関連会社のシステムコンサルティング、メディア企業向けセールスエンジニアを経て独立。現在は、中小零細企業向けのシステム導入コンサルティング、ネット活用、各種経営支援を行っている。中小企業診断協会 東京支部 城南支会 常任理事、NPO法人東京城南中小企業診断士会 常任理事。
著者のホームページ

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1947 2009/11/12 13:46

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年9月26日(火)・27日(水)各日10:00~16:30

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング