SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

【速報 Dreamforce 2009】facebookとTwitterのパワーをエンタープライズへ、Salesfore Chatter登場


2009年11月18日、米国サンフランシスコのモスコーンコンベンションセンターで、Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2009」が開幕した。今回のキーノートでは大きく2つの発表が行われた。

Dreamforceは皆さんのためのイベント

 2009年11月18日、米国サンフランシスコのモスコーンコンベンションセンターで、Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2009」が開幕した。会場はほぼ満席。なかなか席に着くことができず、多くの人が座席を取り巻くように立ち見状態となった。

 それもそのはず、当初の参加予定は17000名と事前に聞いていたが、ステージに登場したCEOのマーク・ベニオフ氏によると、「今朝聞いたばかりだが、参加者は19000名。1万人がこの会場に詰めかけ、入りきれない人たちは展示ホールなどでサテライト参加している」。

米国セールスフォース・ドットコム Chairman & CEO マーク・ベニオフ氏
米国セールスフォース・ドットコム Chairman & CEO マーク・ベニオフ氏

 昨年来の不況で今年はかなりたくさんの企業が苦労をした年となったはずだが、Salesforce.comは多くの人にサポートを得た結果、昨日発表された第3四半期決算の数字は予想を上回るものとなった。そういった状況のなかでDreamforceの初日を迎え、いつものように「今日という日は、1年間で一番好きな日だ」とベニオフ氏と述べ「このイベントは自分のためのものでもないし、社員のためのものでもない。参加しているみなさんのためのイベント」と語った。

 「Salesforce.comがどんなによいビジョンを持っていても、それが皆さんのニーズに合っていなければ意味のないことになる。主導権は皆さんにある。何か気になることがあれば、すぐに意見を言ってください。皆様の声でSalesforce.comはできあがっているのです」とベニオフ氏は言い、自身のメールアドレスを公開するのだった。

次のページ
Service Cloud2で進化するコンタクトセンターの業務

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1999 2009/11/20 19:41

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング