SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

比較で学ぶHyper-V 2.0

自分が実際に管理するならどっちを使いたい? Hyper-V vs VMware 統合管理ツール対決

第5回

仮想化システムを最大限活用するためには、仮想環境特有の運用管理の仕組みや考え方が必要です。そこで今回は、仮想環境の運用管理を支援する代表的な製品をご紹介します。

[比較10]: 統合管理ツール

 Hyper-V/VMware ESXともに、仮想環境を管理する無償ツールが提供されています(表1)。

表1: 標準管理ツール
表1: 標準管理ツール

 これら標準ツールでは、仮想マシンや仮想ネットワークの作成、仮想マシンへのコンソール・アクセスなど、1台のホストを管理するために必要な機能を実行できます。

図1: Hyper-V マネージャー
図1: Hyper-V マネージャー

 “仮想環境がどのようなものなのか試してみたい”という用途であれば、ハイパーバイザーと上記無償管理ツールだけでも十分でしょう。しかし次のような運用は、標準ツールでは不可能もしくは困難なため、統合管理製品の導入を検討する必要があります。

統合管理製品が必要なケース
  • 2台以上のホストを統合管理し、仮想マシンをホスト間で移動または複製する
  • 仮想マシンのテンプレートを作成し、新規仮想マシンをテンプレートから展開(プロビジョニング)する
  • 複数のホストや仮想マシンで利用可能なファイル(ISOイメージなど)を、ライブラリとして管理する
  • ホストおよび仮想マシンの監視を行い、ルールに基づいてアラートを上げる

 利用形態にもよりますが、2台以上のホストが存在する環境では統合管理製品を導入したほうが、中長期的な運用コスト削減につながるでしょう。Microsoftでは「System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)」を中心としたSystem Center製品群、VMwareでは「VMware vCenter Server」などの管理製品を提供しています。

 統合管理ツールの概要や役割は以前の記事で解説していますので、そちらをご参照ください。今回は、最新バージョンの新機能や特徴に絞ってご紹介します。

 SCVMMの最新バージョンは、2009年10月に出荷されたSCVMM 2008 R2です。基本的な仕組みや導入要件は前バージョン(SCMVMM 2008)から変化していませんが、いくつか新しい機能を提供しています。

SCVMM 2008 R2の新機能
  • Hyper-V 2.0ホストの管理
  • Live MigrationなどHyper-V 2.0新機能のサポート
  • Quick Storage Migrationのサポート

次のページ
Hyper-V 2.0ホストの管理

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
比較で学ぶHyper-V 2.0連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前島 鷹賢(マエジマ タカマサ)

Microsoft MVP for Virtualization - Virtual Machine日本アイ・ビー・エム(株)に勤務。MicrosoftやVMware製品を中心としたx86インフラ環境の設計・構築に従事。特にWindowsサーバー/クライアント環境のシステム管理・監視、セキュリティ、サーバー仮想化などの分野...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2100 2010/02/02 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング