SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

南波先生のSOAってそういうことだったのね講座

製品はしょせんオマケである!~本質はとてもシンプルなSOA

第2回


一般的には難解なイメージのあるSOAですが、そのアーキテクチャはいたってシンプル。実は、「サービス」「サービスコンシューマ」「メッセージ」の3つだけで完結しちゃうんですね。話がややこしくなるそのワケは・・・?

わかるためにわける

生徒

前回は、SOAの生まれた背景について教えていただきました。なんとなく全体像は分かった気がします。ここで、ちょっとSOAの構造というか、定義についてまとめていただけますでしょうか。

先生

最初に、SOAはService Oriented Archtectureの略だと言いました。でも、実はこれだけ聞いてもよくわからない。ここで問題になるのが、「サービスってなに?」「アーキテクチャってなに?」っていうことですよね。

生徒

はい。そういわれるとあまりキチンと理解できていない気がします。

先生

じゃあ、一応おさらいという意味で、アーキテクチャについて説明しましょうか。

 

私たちは、物を見るときにそのまま全体だけを見て理解することはできませんよね。だから、それをより小さな単位に分解してみる。そこで、初めて「あぁ、こういう形をした部品からできているんだな」と理解できるわけです。つまり、構成要素に分けるんだね。

 

図1:仕組みを理解するために構成要素に分ける
図1:仕組みを理解するために構成要素に分ける
 

ただし、分けるだけでその構造物を十分に理解したとは言えません。例えば、全くの素人にパソコンの部品を渡してもパソコンは作れないよね。なぜなら、彼らは渡された部品をどのように組み合わせれば、パソコンになるか分からないからです。構造物には構成要素を組み上げるための思想や原理が要るんですね。

 

図2:構造物には構成要素を組み合わせるための思想や原理が必要
図2:構造物には構成要素を組み合わせるための思想や原理が必要
 

つまり、構造物は「構成要素」と「構成要素の組み合わせるための思想・原理」によって成り立っているわけです。私は、その両者をあわせたものをアーキテクチャとして定義しています。

生徒

なるほど。つまり、サイロ型のシステムの場合、データベースとアプリケーションが一体化しているアーキテクチャなんですね。

先生

そうそう。この場合だと、アプリケーションとデータという構成要素があって、それらが一体化しているのがサイロ型システムのアーキテクチャだね。

 

図3:アーキテクチャには色々な形態がある
図3:アーキテクチャには色々な形態がある
 

オブジェクト指向の場合は、構成要素はメソッドとデータで、それが一つのオブジェクトの中に情報隠蔽され、外部からのアクセスのためにI/Fだけが提供されている。それが、オブジェクト指向のアーキテクチャ的な特徴と言えるでしょう。(次ページへ続く)

次のページ
実はSOAって全然難しくない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
南波先生のSOAってそういうことだったのね講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2156 2010/05/12 11:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング