SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

ビジネスの現場や社会インフラで革新を生むクラウドを目指す

~クラウドの適用領域拡大に挑む富士通~

既存のITシステムでの活用にとどまらず、ビジネスの現場や社会インフラにおいても、クラウド・コンピューティングのメリットを訴え、最適な組み合わせが可能な技術/サービス群を提供していく。富士通が先ごろ打ち出した新しいクラウドビジネス戦略を見ると、現在、メイン領域となっている「ITシステムのためのクラウド」は、このパラダイムのほんの一側面にすぎないようだ。今回は、新戦略の概要と、富士通のクラウドの強みについて、同社クラウドビジネス企画本部 本部長の阪井洋之氏に話を聞いた。

コア組織の下で、富士通の新たなクラウドビジネスが始動

― 今年5月にクラウドコンピューティンググループが発足し、同部署を核とした富士通グループの新しいクラウドビジネス戦略が、スタートしています。その背景や経緯について聞かせてください。

 企業ICTシステムにおけるSaaSやクラウド活用の高まりを受け、当社では多くの事業部門やグループ会社がこの分野の推進部門を個別に立ち上げて展開してきました。今回設置したクラウドコンピューティンググループは、そうした様々な事業部門をうまく連携させながら、富士通グループ全体の戦略を統括し、プロモーションをまとめて展開していく、コア組織という位置付けになります。

 新しい組織の下、富士通がクラウドビジネスとして手がける領域が大きく拡大されることになりました。これまで当社がメインで手がけてきた企業ICT システム分野(バック領域)のみならず、ビジネスの現場(フロント領域)や社会インフラ領域にまで、クラウドの活用を広げるというのが基本的な戦略になります(図)。
 

図:富士通グループのクラウドビジネス領域

 戦略の背景には、ビジネスの対象を既存のICT システム分野にとどめていては、この先の成長が望めないという判断があります。ICTの利活用自体が十分になされていないフロント領域や社会インフラ領域は、クラウドの適用に限らず、大きな伸びしろがあると見ています。

 新しいクラウドビジネス戦略では、対象領域の拡大に加えて、グローバルへの展開も進めています。大規模なビジネスですから、個別にバラバラに行っていてはうまくいきません。様々なリソースを組み合わせて、富士通グループ全体で挑む必要があります。そこで、クラウドコンピューティンググループをコアに、複合体としてクラウドビジネス全体を推進していくという体制がとられたわけです。

次のページ
継続して強みを発揮していくバック領域と新マーケットのフロント/社会インフラ領域

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

河原 潤(カワハラ ジュン)

ITジャーナリスト 明治大学文学部卒業後、教育系出版社を経て、1997年にIDG入社。2000年10月から2003年9月までSun/Solarisの技術誌「月刊SunWorld」の編集長を務める。同年11月、企業コンピューティングの総合情報誌「月刊Computerworld」の創刊に携わり、同誌の編...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2371 2010/06/24 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング