SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

iPadでビジネスインテリジェンス

マイクロストラテジーのiPhone/iPad版BIアプリに注目!


 BIツールベンダとしていち早くiPhone/iPad版を無償公開したマイクロストラテジー。  今回、そのデモと紹介のために来日した同社のポール ゾルファガーリ氏に話を聞きながら、iPadアプリの「MicroStrategy Mobile」を触ってみた。

  BI(ビジネスインテリジェンス)といえば、企業の様々なデータを元に経営の状況を可視化し、ビジネスの戦略に活かすためのツールとしてここ最近改めて注目を浴びている。

BIには一部の経営層向けの高価なツールという印象がこれまであったが、最近では営業や販売管理など様々な現場の部門にも導入されてきているという。 iPhone/iPadはこうした現場のためのBIの格好のツールでもある。

BIツールベンダとしていち早くiPhone/iPad版を無償公開したマイクロストラテジー。今回、そのデモと紹介のために来日した同社のポールゾルファガーリ氏に話を聞きながら、iPadアプリの「MicroStrategy Mobile」を触ってみた。

マイクロストラテジー エグゼクティブ バイスプレジデント ポール ゾルファガーリ氏
マイクロストラテジー エグゼクティブ バイスプレジデント ポール ゾルファガーリ氏

App Storeから無料版をダウンロード

  MicroStrategy MobileはiPhone/iPad両バージョンがアプリで出ているが、お薦めはiPad版。これまで高価なBIツールでしか体験できなかったダッシュボードの操作感を体験できる。 アップル社のAppStoreから「MicroStrategy」で検索し無料でダウンロードできる。

 あらかじめいくつかのサンプルデータとダッシュボードが登録されている。わかりやすいのは「Category Sales and Profitability」だ。商品カテゴリー別の販売状況、収支状況、予算対比などのグラフと表のダッシュボードを見ることができる。 グラフの描画スピードなどもかなりスムーズに感じられるが、実際はどのような体感になるのかを、ポール ゾルファガーリ氏に聞いてみた。 

 「マイクロストラテジーは、他のメガベンダに買収されたBIツールベンダと異なり自社の品質向上に徹底的に研究開発投資した。今回、他社に先駆けてiPhone/iPad版をリリースできたのもそのおかげ。特にBIエンジンの部分については、バックエンドのデータ処理、フロントエンドの表示スピードについては追随を許さないと自負している」(エグゼクティブバイスプレジデント ポールゾルファガーリ氏)

  その他のデータサンプルでも画面構成やグラフが美しく、ダッシュボードは見やすい。

 「見せながら話したり、特異点を強調したり、問題領域を強調表示やドリルダウンできるなど、iPadの操作性を最大限に活用している」のだという。

たとえば製品売上げ状況のシートの各セルをタップしたり、スライドさせたりするとデータの拡大や表示の切り替えがスムーズにおこなわれる。

  こうしたデータの表示は「設定」によって、マイクロストラテジーのモバイルサーバーにアクセスされているが、もちろん実際は各社のデータを格納したサーバーにアクセスする。ダッシュボードのサンプルのダウンロードなどはこちらからおこなえる。

iPad 対応 MicroStrategy Mobileのダッシュボード
iPad 対応 MicroStrategy Mobileのダッシュボード

 なぜ現場BIなのか

 アメリカの空港などでは、ビジネスマンがiPadで仕事をしているシーンを良く見かけるようになった。日本ではiPadの入荷の不足もあって、屋外でみかけることはまだ少ない。活用シーンを想定するとしたらメールやWebを見るぐらいである。そもそもなぜ、iPadでBIなのか?

「BIはもはや、役員室にいて座っているエグゼクティブだけのものではありません。広く外出先から在庫状況を確認したり、財務状況を管理するといったアクティブなマネジャー層にこそ使ってほしい。iPhone/iPadのリリースはわれわれのそうしたBIフィロソフィーの産物です」とポール ゾルファガーリ氏は語る。

 日本ではまだまだBIの活用と言えば、役員会議での報告資料作成のための帳票が目的であったりする。日本企業に根ざしている「紙の文化」はそう簡単になくなるものではないだろう。しかも日本の場合、そうした帳票はエクセルで作られてるケースが多い。こういう状況についてどう思うかを質問してみた。

 「米国では会議ではもちろんプロジェクターなどを使うが、iPadなどのシングル電子デバイスによる会議は今後はますます増えてくるだろう。エクセルから経営資料を作る場合の最大の問題点は、データが二次的に加工される精度が保てないということ。一元的なデータの資料による"シングルバージョントゥルース"という考え方が大事」と語ってくれた。

 BI業界は合併・買収が進みオラクル、SAP、IBMなどのメガベンダーに集約された感があるが、その中で独立系として事業を拡大しているマイクロストラテジーのBI。BIを現場に導入しようと考えられている方は、ぜひこの無料版アプリをダウンロードして触ってみることをお薦めする。

美しいダッシュボードで経営状況を把握
美しいダッシュボードで経営状況を把握

 マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2526 2010/09/24 17:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング