SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

データ活用新時代

クラウド時代のDWH/BIアーキテクチャ最新動向


DWHとBI。古くて、しかも新しいといえる分野だが、2010年代を迎えた今、クラウド・コンピューティングがIT アーキテクチャそのものを大きく変えようとしており、BI/DWHもその影響を受けつつある。本稿では、クラウド・コンピューティングがBI/DWHシステムのアーキテクチャに与えるであろう影響と、クラウド・コンピューティングのアーキテクチャのもとで構築されている最新のBI/DWHシステムの事例を解説し、今後のDWH/BIアーキテクチャの方向性について考察していく。

BI/DWHの系譜

 企業データの分析、活用に利用されるシステムは、業務側面からはBI(ビジネスインテリジェンス)、基盤側面からはDWH(データウエアハウス)と呼ばれている。これらのシステムは、1980 年代のクライアント・サーバー型システムとともに登場し、1990年代の3層型システムの登場に伴って、ユーザー層を拡大し発展してきた。

 この時代から現在までは、製品の統合、製品ベンダーの吸収・合併などの変化はあるものの、しばらくは落ち着いていた状況といえる。しかし、2010年代を迎えた今、クラウド・コンピューティングがITアーキテクチャそのものを大きく変えようとしており、BI/DWHもその影響を受けつつある。

 本稿では、クラウド・コンピューティングがBI/DWHシステムのアーキテクチャに与えるであろう影響と、クラウド・コンピューティングのアーキテクチャのもとで構築されている最新のBI/DWHシステムの事例を解説し、今後のDWH/BIアーキテクチャの方向性について考察していく。クラウド・コンピューティングとは

 クラウド・コンピューティングのアーキテクチャを、今までのITアーキテクチャとの違いという面から見ると、仮想化と分散データ処理技術の進歩と捉えることができる。これらの技術の進歩は、Amazon、Google、Salesforce.comといった特定のアプリケーション・サービス・ベンダーが、以前では考えられなかったようなスケーラビリティを持つ大規模システムを構築・運用することを可能にした。

 やがて、これらの企業は、自分達の持つ超大規模システムの一部を、アプリケーション開発・実行環境という形式、あるいは、仮想的なサーバーやストレージという形式で、一般企業に対してサービスとして提供するようになった。

 このような経緯のもと、現時点でのクラウド・コンピューティングは、そのサービスとし提供されるITリソースの形式によって、IaaS、PaaS、SaaSの3 つに大きく分類される。これら3 つのサービスの内容と違いは図1となる。

図1:クラウド・コンピューティングの分類
 

 

次のページ
IaaSがBIに与える影響とその事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ活用新時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平井 明夫(ヒライ アキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2967 2011/03/14 16:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング